スポンサードリンク

杖立温泉

杖立温泉(つえたておんせん)は、町中に湯煙があがる歴史ある温泉で、阿蘇外輪山の北、筑後川の源流杖立川の渓谷にあり、1700年の歴史が息づく温泉情緒が豊かな健康の里の温泉となっています。 杖立温泉は、弘法大師の立てた竹杖から枝葉が生えた、という伝説に由来しているとされ、杖立川の両岸に宿が軒を連ねていて、湯治場の情感を残す湯の町として栄えています。 日本有数のスギの産地として有名で、杖立温泉の周辺には、はげの湯温泉、田の原温泉、大谷温泉など歴史ある温泉が数多く残っていますね。 杖立川の渓谷沿いにあり、100度近い高温の湯が湧き7軒の共同浴場もあります。

杖立温泉では、小国町の友好都市・中国河南省登封市に因んで“健康の里”を謳い、毎朝9時に杖立橋の上で少林寺の気功体験が行われていますね。 宿泊客も参加することができ、気軽にチャレンジするのも楽しいですよ。 杖立温泉は、5月の子供の日前の4月中旬からは鯉のぼりが川一面に流されることで有名で人気があります。

杖立温泉は、熊本県阿蘇郡小国町にあり、アクセスは、JR日田駅から日田バス杖立温泉行きで45分、バス停の杖立温泉下車で行くことができます。 車でのアクセスは、大分道の日田ICから国道212号経由20kmで行くことができますね。

泉質 塩化物泉など
効果・効能 神経痛、リウマチ、切り傷など
源泉数 約20
泉温 98〜100℃
湯量 施設によって異なる
飲用

阿蘇内牧温泉

阿蘇内牧温泉(あそうちまきおんせん)は、九州の中央にそびえる活火山・阿蘇山で、有名なカルデラのある阿蘇の温泉となっていて、阿蘇随一の温泉街として賑わう外輪山の裾野に広がる温泉郷です。 阿蘇内牧温泉は、世界最大級のカルデラでいたるところで湧き出す温泉で、阿蘇の豊かな自然に抱かれており、格別の温泉となっています。

阿蘇内牧温泉では、150以上の源泉を誇っており、阿蘇随一の温泉街としても古くから賑わっており、現在でも近代的なホテルから共同浴場まであり、色々な施設が揃っています。 阿蘇内牧温泉の周辺では、中岳火口、草千里、大観望、鉢を伏せたような形をした標高945mの山「米塚」など絶景スポット、テーマパークの自然を満喫できるレジャーエリアも豊富ですし、レジャーを楽しんだ後は温泉でゆっくりなど最高ですね。

阿蘇内牧温泉は、熊本県阿蘇市阿蘇郡阿蘇町内牧にあり、アクセスは、JR阿蘇駅から九州産交バス内牧温泉行きで15分、バス停で温泉入口下車で行くことができます。 車でのアクセスは、九州道の熊本ICから国道57号・212号経由44kmで行くことができます。

泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉など
効果・効能 神経痛、リウマチ、皮ふ病など
源泉数 150
泉温 40〜50℃
湯量 施設によって異なる
飲用 不可

南阿蘇温泉郷

南阿蘇温泉郷(みなみあそおんせんきょう)は、観光スポットが充実、観光の拠点になっており、九州のシンボルである世界一のカルデラの阿蘇の温泉です。 南阿蘇温泉郷の周辺の温泉には、 栃木温泉、大阿蘇火の山温泉、地獄温泉、高森町の温泉、垂玉温泉、栃木原温泉、白水温泉、南阿蘇俵山温泉など火山のエネルギーの恩恵を受けた数多くの温泉がありますね。

栃木温泉(とちのきおんせん)は、原生林が生い茂り、見事な景勝地の湯治場として、地元の人に愛されてきた温泉で、鮎返りの滝や白糸の滝など、景勝地が点在しており、新緑や紅葉など四季を楽しめますね。
大阿蘇火の山温泉(おおあそひのやまおんせん)は、阿蘇登山口にあり、絶好のロケーションに立地し、阿蘇登山口にある湯量豊富な一軒宿の「アーデンホテル阿蘇」の温泉施設「どんどこ湯」があり人気で、日帰り入浴の温泉もできますよ。
地獄温泉(じごくおんせん)は、江戸時代から湯治客に親しまれてきた温泉で、標高750mの山あいにあります。
高森町の温泉(たかもりまちのおんせん)は、阿蘇五岳と外輪山の南側に開けた温泉となっていて、阿蘇五岳と外輪山の南側に位置しており、「阿蘇高森倶楽部」ではゴルフが思う存分楽しめます。
垂玉温泉(たるたまおんせん)は、風情あふれる秘湯で、女性客にも人気があり、深い渓谷に抱かれた秘湯ムード漂う温泉となっており、宿は「山口旅館」のみとなっており、滝を見ながら入浴できる混浴露天風呂「滝の湯」が名物ですね。
栃木原温泉(とりのきはらおんせん)は、合掌造の堂々としたたたずまいの一軒宿で、懐かしい雰囲気が漂う合掌造の湯の里となっており、栃木原温泉いろは館で、館内には囲炉裏もあり、炭火焼き料理などが堪能できます。
白水温泉(はくすいおんせん)は、名水百選に選ばれている「白川水源」や、春の一心行の桜で有名な南阿蘇村があり、南外輪山が広がる名水の里に湧く湯を満喫でき、阿蘇の南外輪山を望む抜群のロケーションとおいしい水で気持ちをリフレッシュすることができます。

南阿蘇俵山温泉(みなみあそたわらやまおんせん)は、阿蘇五岳を望む南阿蘇の俵山の麓にあり、旅館「竹楽亭」の5000坪の敷地には、15の離れや食事棟、大浴場が点在していて、露天風呂や家族風呂もありますよ。 南阿蘇温泉郷の周辺には、草千里、大観望などの絶景スポット、テーマパークなどの見所も多くありますし、九州を代表する観光地で一年中観光客が絶えないので楽しいですね。

泉質 炭酸水素塩泉 硫酸塩泉など
効果・効能 皮ふ病、やけど、切り傷、慢性皮ふ疾患、動脈硬化など
源泉数 不明
泉温 40〜51℃
湯量 施設によって異なる
飲用 不可

長門湯本温泉

長門湯本温泉(ながとゆもとおんせん)は、日本海に臨む長門市の中心部から南へ車で10分ほどのところに音信川のせせらぎと山里の風景に包まれて湧く、今も昔も地元の人に愛される山口県を代表する温泉郷です。 長門湯本温泉は、温泉の歴史は古く、応永34年(1427)、大寧寺の住職定庵禅師が住吉大明神と遭遇し、禅師との問答で感銘を受けた大明神が、お礼に湯を湧き出させたという伝説がある温泉で、昔から寺湯として利用されており、江戸時代には、藩主の毛利氏も度々、湯治に訪れました。

長門湯本温泉の温泉街は、中央に音信川が流れ、街全体が深い緑に包まれて、川のせせらぎが気持ちよく、昔ながらのしっとりした湯の町情緒を残しており、音信川と大寧寺川に沿って旅館やホテル、2つの外湯が立ち並んでいて、昔ながらの情緒を残していますね。

長門湯本温泉のお湯は、使用している泉源は4か所あり、泉質はアルカリ性単純温泉で、神経痛、皮膚病、胃腸病、リウマチなどに効能があるといわれています。 長門湯本温泉の周辺では、5月下旬から6月中旬ごろまでは、源氏ボタルを観賞でき、水が綺麗なことが証明されていますね。

長門湯本温泉は、山口県長門市深川湯本にあり、アクセスは、JR長門湯本駅を下車して行くことができますね。 車でのアクセスは、中国道の美祢ICから国道435号・316号経由28kmで行くことができます。

泉質 アルカリ性単純温泉
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、健康増進、一般的適応症など
源泉数 6
泉温 39℃
湯量 36.5リットル/分
飲用 不可

湯郷温泉

湯郷温泉(ゆのごうおんせん)は、美作三湯の1つ、美肌造りの湯として人気で有名で、リゾート感覚で滞在できる吉井川の支流、吉野川西岸にたたずむ温泉で、白鷺に導かれて発見された名湯です。 湯郷温泉は、約1200年前、傷ついた1羽の白鷺に導かれて円仁法師が発見したとの伝説があり、「白鷺の湯」という別名があるほどの名湯で、美作三湯の中でもっとも京阪神地区に近く、観光客の足が絶えることはない人気温泉地です。

湯郷温泉の湯は、泉質はナトリウム、カルシウム塩化物泉で、効能は、消化器病や神経痛などに効能を発揮するほかにも、美肌作りのお湯として知られており、女性に人気の温泉地ともなっています。 湯郷温泉は、温泉街では、山あいに宿がひしめくように立っており、昔ながらの温泉情緒を味わえる宿でゆっくりしたり、近年は滞在型リゾートホテルもオープンしており、若い女性にも人気となっています。 湯郷温泉の3軒の風呂に入れる湯めぐりコースターは、宿泊者のみ購入可で、900円で入れるので好評で人気ですね。

湯郷温泉は、岡山県美作市英田郡美作町湯郷にあり、アクセスは、JR林野駅から宇野バス岡山行きで6分、バス停の湯郷温泉上を下車して行く事ができますね。 車でのアクセスは、中国道の美作ICから県道51号、国道179号・374号経由5kmで行くことができます。

泉質 ナトリウム・カルシウム塩化物泉
効果・効能 皮ふ炎、消化器病、神経痛など
源泉数 2
泉温 40.2℃
湯量 350リットル/分
飲用

湯田温泉

湯田温泉(ゆだおんせん)は、山陽路唯一の温泉郷として栄え、600年の歴史があるという幕末の志士も湯浴みした白狐が見つけたと伝わる名湯で、「西の京」とよばれた山口市の中心部からほど近い繁華街に湧いていて、今もなお華やかな雰囲気に包まれています。 湯田温泉は、当地の寺の池で一匹の白狐が夜な夜な湯に浸かって傷を治したというのを見た和尚さんが、温泉が湧いているのに気付いたのが始まりと伝承されており、この「白狐伝説」で白い狐は、マスコットにもなっています。 幕末には、高杉晋作や坂本龍馬ら明治維新の立役者の志士が逗留し、漂泊の俳人・種田山頭火や詩人の中原中也も故郷として愛していた温泉地です。

湯田温泉の温泉街などでは、一帯には大規模旅館やホテルが立ち並び、山陽路随一の名湯ともいわれています。 湯田温泉の周辺には、市内には中原中也記念館があり、直筆の原稿や愛用品などが陳列されていますね。 湯田温泉の湯は、無色透明の弱アルカリ性単純温泉の、肌あたりの柔らかで、なめらかな湯は72℃と高温で、湯量も豊富となっていて、幕末のロマンに浸れます。

湯田温泉は、山口県山口市湯田温泉にあり、アクセスは、JR湯田温泉駅下車で行くことができます。 車でのアクセスは、中国道の小郡ICから国道9号、県道204号経由7kmで行くことができますね。

泉質 アルカリ性単純温泉
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、打ち身、冷え性、慢性消火器病など
源泉数 7
泉温 72℃
湯量 1400リットル/分
飲用 不可

大歩危・祖谷温泉郷

大歩危・祖谷温泉郷(おおぼけ・いやおんせんきょう)は、徳島県北西部に位置する秘境ムード満点の温泉郷で、山の中の温泉となっており、山里に一軒宿が点在しています。 大歩危・祖谷温泉郷のお湯は、泉質は各宿異なり、アルカリ単純泉他、硫黄泉などを持っていて、新緑や紅葉が見渡せる大浴場、露天風呂が備わっていて温泉を楽しめます。

大歩危温泉では、大歩危峡のほぼ中央、標高1000mの吉野川沿いに湧く温泉で、切り立った大歩危峡の眺望が眼下に広がり、露天風呂からは野趣あふれる大歩危峡の景色を一望でき、湯上りは肌がすべすべになる湯が女性に好評ですね。

祖谷渓温泉は、緑濃い祖谷渓を眺めてほっとする癒しの湯で、お湯は、フッ素やメタホウ酸を多くむため殺菌効果が高く、入浴後は肌がすべすべになると評判で、日帰り入浴施設の祖谷秘境の湯や宿泊では、隣接した祖谷渓温泉ホテル秘境の湯があります。 大歩危祖谷阿波温泉もあり、美肌効果も期待できるアルカリ性のぬめり気のある温泉が、大浴場にあり、日帰り温泉でも可能ですね。 新祖谷温泉は、専用ケーブルカーに乗って天空露天風呂が名物で、3つの露天風呂があり、宿泊者用の五右衛門風呂も好評です。

大歩危・祖谷温泉郷の周辺には、祖谷のかずら橋、吉野川のラフティングなどもあり色々と遊ぶことができますね。 大歩危・祖谷温泉郷は徳島県三好市にあります。

泉質 単純硫黄泉
効果・効能 神経痛、腰痛、打ち身、慢性消化器病、痔疾、冷え性、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、美肌、肩凝りなど
源泉数 それぞれ
泉温 18〜21℃
湯量 不明
飲用 不可

湯原温泉郷

湯原温泉郷(ゆばらおんせんきょう)は、湯量が多く、良質で肌ざわりもなめらかで良く、美人湯の誉れ高く露天風呂の砂湯も有名で、旭川沿いに下流から上流へ真賀、足、郷緑、下湯原、湯原の5つの温泉が点在しており、美作三湯の代表的温泉です。 湯原温泉郷は、石けんいらずで美人の湯と言われており、豊富な湯量を誇り、古くから湯原(湯ノ原)と呼ばれていました。 四季折々の風情が楽しめるこの温泉には湯治客の姿が絶える事はないですね。

湯原温泉郷には名物もあり、湯原ダムの真下、旭川のほとりに湧く混浴露天風呂の砂湯は有名で、諸国露天風呂番付では西の横綱の称されるほどの人気があり、湯原温泉の名物ですね。 旭川の河原に3つの露天風呂が点在する砂湯は、24時間無料で開放されている(水曜午前中、第1金曜午前中のみ休み)ので、一度お試しあれ。

湯原温泉郷は、山陽と山陰を結ぶ宿場町として栄え、今もその面影を色濃く残していて、温泉街も風情がありますね。 また、湯原温泉郷では、旅館や商店などで温泉指南役が約60人いるので、湯原温泉の正しい入り方や効能を教えてくれるので有難いですし、嬉しいですね。

湯原温泉郷は、岡山県真庭市真庭郡湯原町湯本にあり、アクセスは、JR中国勝山駅から中鉄バス湯原温泉または蒜山高原行きで34分、バス停の湯原温泉を下車して行くことができます。 さらに、車でのアクセスは、米子道の湯原ICから国道313号経由3kmで行けますね。

泉質 アルカリ性単純温泉
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、運動マヒ、慢性婦人病など
源泉数 5
泉温 50℃
湯量 3984リットル/分
飲用 不可

こんぴら温泉郷

こんぴら温泉郷(こんぴらおんせんきょう)は、「讃岐のこんぴらさん」とよばれ、毎年多くの参拝者が訪れる金刀比羅宮の門前町として発展してきた琴平で、平成9年に温泉が湧出し、こんぴら詣でだけでなく温泉も楽しめる場所となり、こんぴらさんに参拝して風情ある門前町をそぞろ歩くのも良いですね。 こんぴら温泉郷には、由緒ある温泉旅館が立ち並んでおり、こんぴら参りにも便利です。 こんぴら温泉郷のお湯は、ナトリウム・カルシウムの塩化物温泉で、さらりとした泉質となっており、 こんぴら温泉郷は、みやげ物店や飲食店が立ち並ぶ情緒たっぷりの1368段もの石段が続く参道が特徴で、観光客でいつも賑わっており、石段の785段目に鎮座する金刀比羅宮御本宮は有名です。 こんぴら温泉郷の周辺には、こんぴら歌舞伎で知られる日本最古の芝居小屋の旧金毘羅大芝居(金丸座)や、江戸時代の酒蔵を利用した酒の資料館、金陵の郷などもあり楽しむことができ、金刀比羅宮参拝のこんぴら参りの後にたずねて観光を楽しむのも楽しいですね。 また、うどん屋発祥の地でもあり、近郊にはユニークなうどん店が多いですし、高松市内から車で1時間くらいで行けるのでアクセスも便利です。 さらに、こんぴら温泉郷では、新源泉も湧出しており、こんぴら温泉郷は楽しめますね。 こんぴら温泉郷は、香川県仲多度郡琴平町にあり、アクセスは、JR琴平駅下車で行くことができます。 車でのアクセスは、高松道の善通寺ICから国道319号経由8kmで行けますね。
泉質 アルカリ性単純温泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉など
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病など
源泉数 4
泉温 28〜40℃
湯量 400リットル/分
飲用 不可