スポンサードリンク

玉造温泉へ旅行

玉造温泉(たまつくりおんせん)は、宍道湖湖畔から2kmほど玉湯川を遡った山間の場所に湧き出る温泉で、昔から美人の湯、薬湯として人気の湯となっており、神代の昔から伝えられる古代ロマンあふれる温泉地です。
玉造温泉は、大国主命とともに国造りをした少彦名命が見いだしたと伝えられている神湯で、日本でも最古の歴史を持ち、『出雲国風土記』にも「ひとたび濯げば形容(かたち)端正(きらぎら)しく…」と書かれており、効能が示されています。
清少納言の枕草子にもその名を残しているとのことです。
玉造温泉の温泉街では、宿や旅館、ホテルがあり、清らかな流れの玉湯川沿いに近代的なホテルや昔ながらの温泉旅館が立ち並んでいます。
また、川原には、足湯も設けられており川べりに腰掛けて源泉から湧き出る足湯を楽しめて人気がありますし、散歩の途中で和むことができますね。
玉造温泉の温泉街は、玉湯川の東西に独特の湯の街情緒を醸しだしていて、数奇屋造りの和風旅館が多く歴史を重んじた風格のある温泉地となっており、雰囲気からも楽しむことができますね。
玉造温泉の周辺では、古くからメノウの産地として伝えられており、古代の玉作り工房跡などを見学できますし、勾玉(まがたま)の製作体験などもすうことができ、人気の地となっています。
春には、川沿いの桜並木が見事で楽しいですね。 松江や出雲も近くにあり、観光をするのにも便利な温泉です。
玉造温泉は、島根県松江市八束郡玉湯町玉造にあり、アクセスは、JR玉造温泉駅から一畑バス玉造温泉行きで6分、終点下車で行くことができます。
車でのアクセスは、山陰道の松江玉造ICから国道9号、県道25号経由5kmで行けますね。

泉質 硫酸塩・塩化物泉など
効果・効能 神経痛、リウマチ、胃腸病、婦人病、皮ふ病 慢性消化器病など
源泉数 2(玉湯町所管分)
泉温 42〜70℃
湯量 160リットル/分(玉湯町所管分)
飲用 不可