スポンサードリンク

山中温泉へ旅行

山中温泉(やまなかおんせん)は、開湯1300年の歴史ある温泉と漆器の町として知られる山中で、情緒たっぷり、自然豊かな温泉地で、そのお湯は、松雄芭蕉が奥の細道の途中で訪れ名湯と讃えたことで有名で、扶桑三名湯と称えた湯は日本屈指の古湯となっており、歴史ある漆器も自慢です。
山中温泉は、湯量豊富なさらりとしたお湯で、肌にやさしくまろやかな湯はまさに名泉で、飲用すると便秘や肥満に効果があると言われています。
山中温泉では、漆器が有名で、400年の歴史をもつ山中漆器は雅趣と実益を兼ね備え、広く愛されていますね。
山中温泉の宿や旅館は、総湯を中心に大聖寺川に沿って並び、いつ訪れてもその時々の豊かな自然を満喫でき、特に名勝「鶴仙渓」の眺めは絶景となっていて、四季折々の表情を見せる鶴仙渓は良いですね。
名所「こおろぎ橋」や芸術的な「あやとり橋」の鶴仙渓遊歩道も素晴らしく、行っておきたいですね。
近年では、山中温泉の周辺には、温泉街の「ゆげ街道」を中心にギャラリー店が立ち並び、文化工芸体験も楽しむことができ温泉情緒を楽しめますね。

山中温泉は、石川県加賀市江沼郡山中町西桂木町にあり、アクセスは、JR加賀温泉駅から加賀温泉バス山中温泉行きで30分、終点下車で行くことができます。 車でのアクセスは、北陸道の加賀ICから国道8号・364号経由12.5kmで行くことができますね。
泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉など
効果・効能 神経痛、筋肉痛、冷え性、慢性消化器病など
源泉数 7
泉温 48.5℃
湯量 375リットル/分(総湯)
飲用