スポンサードリンク

会津東山温泉へ旅行

会津東山温泉(あいづひがしやまおんせん)は、城下町会津若松市の郊外に位置しており、会津若松の東に位置する山あいのいで湯で、四季を彩る渓谷沿いに、老舗旅館が軒を連ねる会津の奥座敷で、湯川が造り出した渓谷をはさんで温泉街が連なっている温泉地です。
会津東山温泉の歴史は古くて、天平年間(729〜749)に、高僧・行基によって発見されたと伝えられており、「天寧の湯」と呼ばれた江戸時代には、かみのやま、湯野浜と並ぶ「奥羽三楽郷」に数えられていて、歓楽温泉として大いに賑わっていました。
会津東山温泉の周辺には、山々に囲まれており、見所も多く、滝や奇岩の点在する「湯川渓谷」や「東山ダム」等があり、宿からちょっと足をのばせば雄大な自然もあります。
会津東山温泉の旅館は、渓谷にいくつもの滝があることから、老舗旅館には瀧の字が付く宿が多くなっていますね。
会津東山温泉は、現在は賑わってた頃とは趣を変え、きらびやかなネオン街もなく、城下町の奥座敷にふさわしく、会津の奥座敷と呼ぶにふさわしい情緒を残していて、しっとりとした佇まいのある温泉街となっています。
会津東山温泉は、福島県会津若松市東山町にあり、アクセスは、JR会津若松駅から会津乗合自動車東山温泉行きで20分、終点で下車して行くことができます。
車でのアクセスは、磐越道会津若松ICから国道49号、県道64号・325号経由5kmで行くことができます。

泉質 硫酸塩泉 塩化物泉
効果・効能 神経痛、リウマチ、切り傷、胃腸病 慢性皮膚病
源泉数 4(組合加盟)
泉温 42〜58℃
湯量 1500リットル/分
飲用 不可