スポンサードリンク

遠刈田温泉へ旅行

遠刈田温泉(とおがったおんせん)は、開湯400年の歴史ある温泉で、雄大な蔵王連峰を一望できる蔵王エコーラインの東の入口として観光の拠点となっており、その名を知られる温泉です。
遠刈田温泉は、開湯は江戸時代初期と伝えられている古い温泉地で、温泉街では、蔵王の山中から流れ出る清流の松川に沿って、大小20軒近くの旅館が並んでいて、人気の温泉地です。
遠刈田温泉では、蔵王山麓の豊かな自然に恵まれ、蔵王エコーラインの東側入口にあたり、お釜やドライブを楽しむこともできますし、観光の拠点になっていますし、そのほかにも蔵王への登山基地としても有名で、訪れる人も多いですね。
お釜は、蔵王のシンボルで、五色岳の火口湖(カルデラ湖)のことで、楽しめます。
遠刈田温泉には、現在の源泉数は83本もあり、2ヶ所の共同浴場もありますし、豊富な湯は旅館、ホテル、ペンションなどで、様々に楽しむことができ人気があります。
遠刈田温泉の周辺では、少し離れた新地集落に、遠刈田こけしの産地で、「みやぎ蔵王こけし館」があり、地元遠刈田系こけしの展示のほか、こけしの製作風景も見ることができます。
遠刈田温泉は、宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉にあり、アクセスは、JR白石蔵王駅からミヤコーバス遠刈田温泉行きで50分、バス停の遠刈田湯の町、遠刈田温泉などで下車して行くことができます。
車でのアクセスは、東北道白石ICから国道4号・457号経由15kmで行くことができます。

泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉・塩化物泉など
効果・効能 神経痛、皮ふ病、婦人病、慢性消化器病など
源泉数 83
泉温 70℃
湯量 1000リットル/分
飲用 不可