スポンサードリンク

十勝岳温泉へ旅行

十勝岳温泉(とかちだけおんせん)は、十勝岳西側中腹、標高1280mのにある北海道最高標位の温泉で、十勝岳山腹の断崖に立つ凌雲閣、国民宿舎カミホロ荘などが有名な旅館があり、雲上の露天風呂から十勝連峰を一望、ダイナミックな景観を一望できる露天風呂があり、“雲上温泉”の醍醐味が味わえます。
十勝岳温泉では、三方を山に囲まれ西側には上富良野の町を望ますし、夏場には登山、秋には紅葉、冬にはスキーと一年を通じて楽しめる場所で、訪れる人が絶えないロケーションの良い温泉地となっています。

十勝岳温泉の凌雲閣は極上のパノラマが眼前に広がる、凌雲閣の雲上露天風呂がありますが、自家源泉を2本もち、それぞれに異なった趣の湯を楽しむことができ、無色透明な源泉が空気にふれて酸化すると赤褐色になる温泉があり、ワイルドな色な温泉で面白いですね。

十勝岳温泉は、北海道空知郡上富良野町十勝岳にあり、アクセスは、JR上富良野駅から上富良野町営バス十勝岳温泉行きで30〜50分、バス停の国民宿舎前・十勝岳温泉などで下車で行くことができます。
車でのアクセスは、道央道の旭川鷹栖ICから国道237号、道道291号経由90kmで行くことができます。


泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉、含鉄泉など
効果・効能 神経痛、関節痛、冷え性、一般的適応症など
源泉数 5
泉温 29.8〜54.6℃
湯量 600リットル/分
飲用 不可