スポンサードリンク

那須温泉郷へ旅行

那須温泉郷(なすおんせんきょう)は、1370年前に開湯した由緒ある温泉地で、那須湯本をはじめ、北、大丸、弁天、高雄、八幡、新那須、三斗小屋の「那須七湯」などの温泉が点在する温泉郷で、那須岳(茶臼岳)が緩やかに裾野を広げる高原に、今も噴煙を上げる那須岳山麓に点在する17の温泉群となっていて、まとめて那須温泉郷と言います。
那須温泉は、都心から180キロで、東北新幹線では東京駅から75分で行くことができ、那須塩原駅から車で約40分となっています。
那須温泉は、江戸の時代の「温泉番付」では「東の関脇」とされており、横綱不在なので2番目の格付けとなっている由緒ある温泉地となっています。
那須温泉郷御の中心は開湯以来1300年余の歴史を誇る那須湯本温泉となっており、かつては共同浴場鹿の湯を核とした湯治場でしたが、最近はハイグレードな宿やスパリゾートを意識したホテルなども加わっており、那須観光の行楽温泉地として人気を集めています。
負傷した鹿がその湯で傷を癒したとの伝説の残る銘湯・鹿の湯はじめ那須温泉には大小さまざまな温泉が点在していますね。
那須温泉は、泉質も硫黄泉、単純泉、明礬泉など様々あり、効果効能も皮膚病や婦人病にあり、充実の温泉郷となっています。

那須温泉郷周辺の観光では、那須湯本温泉街と那須岳を結ぶボルケーノハイウェイの山岳ドライブも爽快で人気があります。
那須温泉郷にある今も噴煙を上げる那須のシンボル那須岳では、秋の紅葉は実に見事で一見の価値がありますね。

那須温泉郷は、栃木県那須郡那須町那須高原、湯本などにあり、アクセスは、JR那須塩原駅下車、または、JR東北本線黒磯駅下車で行くことができ、バスや車を利用して行くことができますね。
車のアクセスは、東北道那須ICから県道17号、那須高原有料道路経由14〜34kmで行くことができます。


泉質 単純温泉、硫黄泉、単純温泉など
効果・効能 神経痛、リウマチ、筋肉痛、胃腸病、慢性皮ふ病など
源泉数 約100
泉温 40〜80℃
湯量 不明
飲用 一部可