スポンサードリンク

湯河原温泉・奥湯河原温泉

湯河原温泉(ゆがわらおんせん)・奥湯河原温泉(おくゆがわらおんせん)は、万葉集の時代から知られる藤木川沿いに広がる温泉地で、奈良時代の万葉集でも詠まれている秘湯の趣のある古湯です。

湯河原温泉・奥湯河原温泉は、関東で最も古い温泉の一つで、「傷の湯」とも言われており、弱食塩泉・弱アルカリ性で肌にやさしい温泉で、外傷に効果・効能があると知られており、相模湾へ注ぎ込む千歳川とその上流藤木川沿いに広がっている趣のある老舗旅館が軒を連ねる温泉街で風情がありますね。
湯河原温泉・奥湯河原温泉の温泉街では、日曜観光朝市もあり人気がありおすすめです。

湯河原温泉・奥湯河原温泉は、首都圏からも近いのでアクセスも良く人気があり、春夏秋冬楽しむことができます。
春は新緑、6月は「ホタルの宴」、夏は湯河原海水浴場、秋は紅葉、みかん狩り、冬は1月下旬からは「梅の宴」があり1年間、年間通じて楽しむことができる温泉地となっています。

湯河原温泉・奥湯河原温泉の周辺には、不動滝や湯河原梅林などの景勝地が点在し、子宝の湯として知られる湯量豊富な温泉に加えて、温暖な気候もあって、国木田独歩や島崎藤村、芥川龍之介など多くの文人にも愛されていました。

藤木川上流にある奥湯河原温泉は、緑深い静かな環境に洗練された温泉宿が点在し、心がいやされますね。

湯河原温泉・奥湯河原温泉は、神奈川県足柄下郡湯河原町宮上にあり、アクセスは、JR湯河原駅から箱根登山バス・伊豆箱根バス不動滝・奥湯河原行きで15分、バス停の公園入り口などで下車して行くことができます。
車でのアクセスは、東名高速道路の厚木ICから小田原厚木道路、国道135号、県道75号経由45〜53kmで行くことができます。


泉質 塩化物泉、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、弱食塩泉、単純温泉など
効果・効能 神経痛、打ち身、切り傷、打撲、リウマチ、外傷、腰痛 婦人病、慢性消化器病など
源泉数 99
泉温 60〜90℃
湯量 6944リットル/分
飲用 不可