スポンサードリンク

作並温泉へ旅行

作並温泉(さくなみおんせん)は、歴史ある仙台の奥座敷で、仙台市街から車で30分の好立地にあり、四季折々の渓谷美が魅力となっていて、地元はもちろん、全国から旅行客が訪れる人気の温泉地です。
作並温泉は、100万都市仙台からわずかな距離ですが、深い森と清流に恵まれた別天地で、秋保温泉とともに仙台奥座敷として親しまれていました。

作並温泉は、今から約1300年前に行基上人が、奥州巡錫の際、渓流の響きと共に聞こえた仏法僧の鳴き声に誘われて渓流に下りたところ、勢いよく噴き出す温泉の湯気を発見したと伝わっています。
また、約810年前に源頼朝が発見したという説もあり、どちらにしても、歴史のある温泉郷になっていますね。

作並温泉には、広瀬川源流の山間に温泉宿が点在しており、日本の原風景を思わせる風情が漂っています。

作並温泉は、温泉の歴史と同様に老舗の宿も多くて、渓谷の眺めや露天風呂を名物にしており、山形家の山寺や天童とを結ぶ中継宿泊地としても便利な温泉地です。

作並温泉は、宮城県仙台市青葉区作並にあり、アクセスは、JR作並駅下車で行くことができます。
車でのアクセスは、東北道の仙台宮城ICから国道48号経由25kmで行くことができます。


泉質 単純温泉、硫酸塩泉など
効果・効能 神経痛、リウマチ、疲労回復、一般的適応症など
源泉数 12
泉温 59℃
湯量 1150リットル/分
飲用 不可