スポンサードリンク

乳頭温泉郷へ旅行

乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)は、田沢湖の北東に8軒の一軒宿が点在しており、異なる源泉をもつ一軒宿が集まっていて、素朴でひなびた風情を漂わせる温泉郷を形成していて、山乳頭山麓中腹に湧く人気の温泉郷となっています。

乳頭温泉郷のそれぞれが独自の源泉を持つ七湯は、古い歴史を持つ「鶴の湯」や原生林に囲まれた「蟹場」、山あいに立つ「黒湯」、4つの源泉が湧く湯量豊富な「孫六」、廃校になった小学校舎を利用した「大釜」、和洋折衷の内装を施したモダンな「妙乃湯」、近代的な設備を誇る「休暇村乳頭温泉郷」とあり、十和田・八幡平国立公園 乳頭山麓に点在する温泉地となっています。
鶴の湯温泉の人気の宿泊棟「本陣」は江戸時代からの建物で、格別ですね。

乳頭温泉郷では、源泉がすべて異なるので、効能や泉質にそれぞれが特徴を持っており、色々なお湯をはしご湯すれば、贅沢な湯治を体験できますし、七湯全てに入浴できる湯めぐり帖は人気があります。
また、乳頭温泉郷の8軒の宿の一つでじっくり滞在して一つの温泉をじっくり満喫するのも最高ですね。
料理は、秋田名物のキリタンポや、しょっつる、山の芋の3大鍋、などがあり、山の幸を楽しむことができます。

乳頭温泉郷は、秋田県仙北市にあり、アクセスは、JR田沢湖駅から羽後交通バス乳頭温泉行きで44分で行くことができ、バス停の乳頭温泉などで下車すると行くことができます。
車でのアクセスは、東北道の盛岡ICから国道46号・341号、県道127号・194号経由55kmで行くことができます。


泉質 単純温泉、単純硫化水素泉、硫黄泉、炭酸水素塩泉など
効果・効能 皮ふ病、神経痛、リウマチ、婦人病、高血圧症、動脈硬化症など
源泉数 17
泉温 52〜96℃
湯量 2.25t/分
飲用 一部可