スポンサードリンク

熱海温泉へ旅行

熱海温泉(あたみおんせん)は、別府や南紀白浜と並ぶ、日本三大温泉の一つで、真夏の海上花火大会やおしゃれなビーチでも有名で、全国でも有数の湯量を誇る温泉地として人気の高い一大温泉リゾートとなっております。
熱海温泉は、温泉の歴史は古く、開湯は1250年前の奈良時代からで、万巻上人が海中に湧く熱湯を発見し、熱海という名前もそこから付いたそうです。
熱海温泉は温泉地としては、江戸時代になってから発展してきて、徳川家康が家臣とともに訪れ逗留をしたことが記録されているのをはじめ、徳川御三家や大名がこよなく愛した温泉地となっています。
さらに、熱海温泉は、明治時代になってからも、尾崎紅葉など多くの文人墨客が訪れて賑わいました。
現在では、長い歴史を踏まえて、熱海のサン・ビーチのライトアップや親水公園・ムーンテラスの造成など、全国有数のスパリゾートとして知られ、栄えています。

熱海温泉の周辺には観光名所も色々とあり、日本一早咲きの梅が美しい熱海梅園、断崖に広がる景勝地錦ヶ浦、MOA美術館、お宮の松、初島などがあり、温泉以外にも楽しむところが沢山あります。
さらに、熱海温泉は、熱海港からのクルージングや、近隣に多いゴルフ場もあり、みんなが楽しめる温泉地となっています。

熱海温泉の温泉成分としては、塩化物泉で効果・効能は、神経痛ややけどなどに効果・効能がありますし、お肌の引締め効果や肌あたりの柔らかさで、女性からの注目度もさらに高まっています。


熱海温泉は、静岡県熱海市熱海にあり、アクセスは、JR熱海駅下車で行くことができます。
また、車でのアクセスでは、東名高速道路の厚木ICから小田原厚木道路でいくことができ、西湘バイパス、真鶴道路、熱海ビーチライン経由53kmで行けます。


泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉、単純温泉など
効果・効能 神経痛、切り傷、やけど、筋肉痛、関節痛など
源泉数 347
泉温 66.1℃(平均)
湯量 1万6021リットル/分
飲用 不可