スポンサードリンク

湯の川温泉へ旅行

湯の川温泉(ゆのかわおんせん)は、北海道産大温泉郷の一つで、函館市街から車で15分で行くことができ、市電でも手軽に行ける北海道内で屈指の歴史を誇る古湯の温泉です。
湯の川温泉は、開湯は承応2年(1653)で、松前藩の4代藩主が難病を治癒したとの歴史が残っており、その後に、戊辰戦争では五稜郭の戦いで傷ついた兵士たちの療養にも役立ったそうです。

湯の川温泉は、大型ホテルもあり、昔ながらの風情ある老舗宿、旅館が残っているので、しっかりとした温泉情緒も楽しめる温泉街です。

湯の川温泉は、北海道と本州を分ける津軽海峡が四季折々に見せる雄大な景色を望みながら入浴が楽しめる宿が多く、素晴らしい景色と温泉を楽しめますね。
特に温泉に浸りながら眺めることができるイカ釣り船の漁火は、6月〜12月の函館の風物詩ともなっています。

湯の川温泉の温泉街には無料の足湯もあり、癒されることもできます。
湯の川温泉で温泉に浸かりつつ、20分〜30分で行くことができる函館の観光、函館からの海の幸まで楽しめるよくばりな温泉地ですね。

湯の川温泉は、北海道函館市湯川町にあり、アクセスは、JR函館駅から市電湯の川行きで28分、電車の停留所の湯の川温泉下車をして行くことができます。
また、函館バス日吉営業所行きで約25分で、バス停の湯の川温泉下車で行けます。
車のアクセスは、函館空港から国道278号経由4kmで行けます。


泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
効果・効能 冷え性、胃腸病、神経痛、リウマチ、一般的適応症、慢性婦人病など
源泉数 32
泉温 64.1℃
湯量 4861リットル/分
飲用