スポンサードリンク

お宿 野の花

黒川温泉 お宿 野の花は、黒川温泉温泉街中心部から車で5分の人里離れた山間にあり、黒川温泉老舗人気宿「いこい旅館」の別館で、お得な母屋客室が大好評の旅館で、黒川温泉老舗人気宿『いこい旅館』別館も人気があり、客室の部屋は6つの露天付離れや、内湯がついた母屋客室2室と計8室ありますし、露天風呂の「ぎんえずの湯」は清流沿いにたたずんでおり、静香でゆったりでき、野の花はじゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判です。

黒川温泉 お宿 野の花の客室の部屋は、部屋は和洋室タイプと和室タイプの2タイプで、露天風呂付客室や内湯がある客室など8室あり、それぞれが独立した一軒離れとなっており、和室は優雅で風情がある部屋で樋や棟などがそれぞれの部屋で異なる趣向を凝らした造りで、それぞれの部屋で楽しめますし、どこか懐かしい雰囲気の中で贅沢なひとときを過ごせて、過剰なサービスは控えめにして、心地よさを堪能でき、貸切宿の醍醐味を楽しめ、クチコミでも評判ですね。母屋の6つの部屋は全て露天風呂が付いており、ゆったりと湯に浸かりながら、自然が包む豊かな静寂を満喫することができ、贅沢な宿です。お宿 野の花の客室の部屋の和室の朱花は、大切な人とゆっくり寛げるこじんまりとした和室で、丸い意思をくみ上げた露天風呂があり人気ですし、和洋室「紅藤」は、10畳の和室にベッドのある板間が付いた和洋室の客室となっており、明るく広々とした間取りにセンスの良い調度品インテリアがあり、スタイリッシュで、和洋室「石竹」は2階建ての離れで、階段を上った2階には洋室のベッドルームがあり、吹き抜けもあり、開放感のある輪洋室で、広めの切石の露天風呂が付いていますね。部屋ごとに趣向を凝らした露天風呂付客室で、露天風呂は部屋ごとに趣を変えており、広めの切石の露天風呂や眺めも美しい檜の露天風呂、丸い石を組上げ、下に敷き詰めた小石小ぶりなお風呂などあり、ゆったりと湯に浸かれて、クチコミでも評判ですね。

お宿 野の花の黒川温泉のお風呂は、露天風呂や大浴場などあり、岩の露天風呂「ぎんねずの湯」と、内浴場の「檜皮(ひわだ)の湯」が用意されています。内湯は切石で造った石風呂と檜で造った桶風呂で、男女入れ替え制で入ることができますし、露天風呂では、心地よい時間をもたらしてくれ、春の若葉や夏の緑、秋の紅葉に冬の雪など、移り行く山の季節を感じることができ、口コミでも評判ですね。さらに、檜皮の湯の石風呂は、旅情溢れる意思風呂で、日ごろn疲れをのんびりと癒してくれ、桶風呂は、やさしい気のぬくもりを感じて癒されます。野の花では、日帰り入浴温泉もあり、黒川温泉の湯めぐりの日帰り温泉と入場手形で利用できます。

黒川温泉 お宿 野の花の料理は、毎日自家菜園に足を運び、その日最高の旬の素材を活かした料理で、素材の味を活かす食栽へのこだわりがあり、新鮮な野菜や季節の山菜、阿蘇地鶏など豊富な旬の食材を使って、旅の思い出に花を添える彩り豊かな食事で、朝食や夕食を九州の大地の恵みをたっぷりと堪能できます。野の花のお食事処があり、朝食も夕食も全て個室で食べることができ、ゆっくり食べることができクチコミでも評価が高いですね。

旅館 奥の湯

旅館 奥の湯は、黒川温泉で、中心街から少し離れた小川のせせらぎが聞こえる黒川でも川上の静かな場所にたたずむ寛ぎ宿で、大浴場、露天風呂、桧風呂、など24時間利用可能で、1年中泳げる温水プールや本格的なエステに岩盤浴、9種類の温泉などあり、客室のタイプも豊富で多彩となっており、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミやブログの感想でも評判ですね。

旅館 奥の湯の客室の部屋は、和室や和洋室などあり、格調ある雰囲気で川のせせらぎや山の自然などの風景で、気持ちまで浄化されるような、贅沢な時間を過ごすことができる部屋となっており、優美な印象の二間続きの和洋室では、落ち着きのあるベッドルームと風雅なエア質で和モダン風の趣のある部屋となっていますね。さらに、奥の湯は露天風呂付客室もあり、贅沢な湯を満喫でき、離れの和室では、プライベート感がたっぷりで、涼やかな空間で日常を忘れて心身ともに癒され、どの部屋でも、一人から家族までゆったり過ごせる広さの部屋が用意されており、感想や口コミでも評判です。

旅館 奥の湯の黒川温泉のお風呂は、大浴場やサウナ、露天風呂に貸切風呂や貸切露天風呂、茅葺屋根の混浴露天風呂や川風呂、女性専用露天風呂や貸し切り家族風呂、お部屋専用の露天など10種類の多彩なお風呂があり、日頃の疲れを流しながら、館内で湯めぐりを楽しめますね。奥の湯の混浴露天風呂では、萱葺(かやぶき)の屋根が見える情緒ある露天風呂ですし、家族風呂などをご用意してますし、すべて源泉かけ流しの、天然の湯となっており、温水プールもあり、子供と一緒に入れますし、岩盤浴では、汗も疲れも流してリフレッシュすることができます。

旅館 奥の湯の料理は、女将自ら吟味した季節の会席料理の手作りの味を堪能することができ、女将の手作り料理に合わせて、新鮮な地野菜、女将自らが山へ足を運び採ってきたわらび等、旬の食材をふんだんに使用した地元の食材をふんだんに盛り込んだ季節の和の会席料理があり、甘い野菜、新鮮で味に深みがある魚介類、肉類など旬の素材をそのままに活かして、決して派手で豪華ではなくとも、どこか懐かしいおいしい味を堪能でき、四季ごと、日ごとに変化する味わいを楽しめます。女将が丁寧に漬け込んだ自家製の梅干、その日にとれた新鮮な地元の野菜をふんだんに使用したがめ煮、熊本名物の馬刺しなど様々な味を楽しめて、クチコミでも評判ですね。

湯峡の響き 優彩

湯峡の響き 優彩は、熊本県の黒川温泉で筑後川の源流沿いにあり、山あいの静かな風情の中で、なにもかも忘れて、非日常の世界で上質のくつろぎを豊富なお湯に肩まで浸かり、喧騒を離れ、温泉の醍醐味を存分に味わう癒しの四季折々に姿を変える豊かな自然に囲まれた宿で、木々を眺め風を感じワンランク上の温泉絵巻で楽しむことができ、どのお風呂も至福の解放感に浸ることができ、黒川温泉を湯めぐりができる入湯手形でも利用できる「やわらぎの湯場」もありますし、宿泊者専用の温泉も充実しており、部屋は本館には和室、和洋室、露天風呂付特別室、別館には灯小路特別室がありますし、ゆったりと過ごせて、料理も満足でき、JTBなどツアーもありますし、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判です。

湯峡の響き 優彩の客室の部屋は、和室や和洋室、露天風呂付客室とあり、筑後川源流に面し、せせらぎの音を聴き、山々を眺め、風を感じ、星を愛でてゆっくりくつろぐことができ、灯小路(和洋室)では、モダンな和風テイストを貫いた部屋で、インテリアも趣向を凝らしていますし、幻想的な空間をかもし出しており、和と洋、それぞれの良さを活かした、ゆとりある客室で本館にもあり大好評の部屋となっています。露天風呂付特別室では、間取りは和室14畳+8畳の二間でこの部屋専用の露天風呂もあり、石風呂・檜風呂と部屋それぞれに趣を変えた露天風呂が用意されており、非日常のやすらぎを感じることができ、木々を渡る爽やかな風を感じながら、たっぷりと温泉を楽しめますし、いずれの部屋も明るく広々とした間取りで、浴衣の用意され、クチコミでも評価が高く、ゆったりと過ごすことができますね。

湯峡の響き 優彩の黒川温泉のお風呂は、大浴場や露天風呂、屋根付露天風呂などあり、贅沢なお風呂が自慢で、源泉100%のかけ流しで、鮮度と清潔にもこだわり、毎日お湯の入替と清掃で安心ですし、種類も豊富で、まほろばの湯の竹林の湯では、竹林の美しさを露天風呂感覚で味わえる超人気の湯で、ライトアップされた竹林が証明の中で広々とした湯に移って最高の眺めですし、双檜の湯は、左右対称に贅を尽くした幻想的な2つの檜風呂で、かもし出す雰囲気から「瞑想の湯」とも呼ばれ、ファンも多くリピーターも多く人気で、露天風呂「渓流の湯」へとつながっています。露天風呂「渓流の湯」では、筑後川源流の滝を目の前に、雨の日でも贅の湯浴みが楽しめる屋根付露天風呂で人気があり、神秘的な雰囲気ですね。やわらぎの湯の湯滝の湯では、源泉からの湯が優しく流れ落ち、里山情緒いっぱいで人気の癒し湯となっており、樹彩の湯はせせらぎを眼下にして、檜の香りを感じて楽しめる、屋根付露天風呂となっております。貸切露天風呂もあり、杉の湯は、上質の開放感が味わえ、地元小国杉を贅沢に使った大評判のお風呂となっています。

湯峡の響き 優彩の料理は、四季折々の旬の素材を、熟練の技が丁寧に調理されており、部屋またはグループ用の「囲炉裏亭」「遊膳亭」で食事ができ、旬のおいしい食事を量と味も満足できる料理で楽しめますね。

山あいの宿 山みず木

山あいの宿 山みず木は、黒川温泉で自然を肌に感じて川沿いの露天風呂大小3ケ所でゆっくり時を忘れてくつろぐことができ、川のせせらぎをききながら和室で食事することができますし、館内は旅の気分を落ち着かせてくれる空間で、リラクゼーションを体験できる「ヒーリングサロン微睡」、立ち寄り湯の方も利用できる「喫茶 井野家」もあり、食事は食事処「花片片」で個室ででき、予約して、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判で、JTBなどツアーもありますし、周辺は深い自然に包まれた奥黒川や渓流が流れて木々が茂っており、四季折々の表情を見せる風景の中に山みず木の佇まいとなっていて、山あいの宿といわれるだけはあり、その時々の自然の移ろいを感じながらゆくりと過ごすことができます。

山みず木の客室の部屋は、和室を基本に2間、3間、お風呂付などそれぞれの部屋で間取りや造りに変化があり趣があり、畳や木の温かさが漂う空間となっており、親しい人などと語ってゆっくり流れる時間を楽しむことができ、のんびりとくつろげますね。

山みず木の黒川温泉のお風呂は、露天風呂や内風呂があり、露天混浴の幽谷の湯の混浴や森の湯や風人の湯、男性内湯、女性内湯などあり、奥黒川に広がる木立の森とそこを流れる渓流の傍らに2つの露天風呂があり、周りの木々や小鳥のさえずり、河のせせらぎなど聞きながら自然を感じながらゆっくりと温泉に浸かることができ、日ごろの喧騒から離れた喧騒から離れたゆとりの時間を過ごすことができ、泉質はナトリウム塩化物硫酸塩泉で、効果・効能は神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・冷え性などあり、クチコミでも評判ですね。露天風呂は黒川温泉名物の入湯手形を使って、露天めぐりもでき、外来の立寄り湯でも利用でき、黒川温泉内の他の宿の露天風呂を利用でき、楽しいです。

山みず木の料理は、食事処「花片片」(はなへんぺん)にて、部屋ごとにそれぞれお客専用の個室があり、専用個室で食事をすることができ、ゆったりと食事ができ評価が高く、グループや団体には人数に応じて、広間が用意されており安心ですね。
山みず木の料理は、四季折々の旬の食事を楽しむことができ、どの料理も味も量も満足して食事ができるでしょう。

黒川温泉へ旅行

黒川温泉(くろかわおんせん)は、熊本県にあり、豊富で良質な湯が湧き、湯治場の雰囲気を残す温泉で、個性的な露天風呂が勢ぞろいした山あいにある温泉地で湯めぐりを満喫することができます。
黒川温泉は、毎年上位にランキングされており、年間で100万人もの観光客が訪れる人気温泉で、標高700m、筑後川の支流である田の原川沿いに、懐かしさあふれる宿・旅館も立ち並んでおり、湯治場の雰囲気を残していて楽しめます。

黒川温泉の源泉温度は、80〜100℃と高温なので露天風呂向きとなっており、各宿や旅館では、趣向を凝らした露天を備えており、宿は独立した別館も含めると全部で27軒あり、そのほとんどが徒歩圏内にあります。
黒川温泉の泉質は、含食塩芒硝硫化水素泉で、神経痛、リウマチに効果があります。

黒川温泉の湯巡りの強い味方・入場手形は、1200円で3か所の露天風呂に入ることができ、風の舎をはじめ、各旅館で販売されていて、有効期間は半年間となっており、入湯手形を片手に、黒川温泉の露天風呂をはしごするのも楽しいですね。

黒川温泉は熊本県阿蘇郡南小国町北黒川にあり、アクセスは、JR阿蘇駅から九州産交バス別府行きで50分で行くことができ、バス停の黒川温泉下車で行くことができます。
車でのアクセスは、大分道の日田ICから国道212号・442号経由45kmで行くことができます。


泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉など
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病など
源泉数 各施設に泉源あり
泉温 80〜100℃
湯量 施設によって異なる
飲用 一部可