スポンサードリンク

湯の花温泉ホテル

箱根 湯の花温泉ホテルは、湯ノ花沢温泉があり、遠く相模湾や三浦半島・都心を一望する標高935mの箱根駒ケ岳を背にする高原にたたずむ静寂の一軒宿で、部屋は12畳和室と堀りごたつ付の広縁となっており、箱根で一番天空に近い露天風呂からは硫黄の香りと晴天の夜空に満天の星達が輝いていて綺麗で、日帰り入浴の温泉もあり、箱根湯の花温泉ホテルは、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判です。箱根湯の花温泉ホテルでは、自慢は、箱根で最も標高の高い場所にあるという開放感溢れる露天風呂のお風呂で堀りごたつのある広縁がついた和室と満天の星が降るように美しい露天風呂で日帰り入浴もできる温泉ですし、客室の部屋やロビーなどホテルは落ち着いた日本の伝統的なたたずまいの中にモダンの雰囲気を取り入れていて、料理は懐石料理もおいしいですし、評判のホテルですね。周辺には、箱根湯の花ゴルフ場や美術館、博物館など大人から子供まで楽しめるスポットも多くありますし、箱根慣行の拠点としても最適なホテルですね。

湯ノ花温泉ホテルの客室の部屋は、日本的なたたずまいの中にモデンな雰囲気を取り入れたお部屋で、掘りごたつと広縁が付いた12畳の和室が用意されており、日本の伝統的な佇まいの中、ゆったり旅の疲れを癒すことができますね。和室12畳の和室で掘りごたつの付いた広縁に大きな窓を配したゆとりある和室や、和室12畳に畳スペースにゆとりのセミダブルベッドをご用意した和室もあり、風景も素晴らしく人気です。

箱根湯の花温泉ホテルのお風呂は、開放感溢れる露天風呂が自慢で、箱根で最も標高の高い露天風呂で、効果や効能は神経痛や運動麻痺に効果が高いといわれる湯の花舞う白濁のにごり湯を堪能でき、日帰り入浴プランで温泉に入ることもでき、クチコミでも評価が高いですね。日帰りプランで立ち寄り湯として、高原のさわやかな空気を感じながらリラックスして入ることができ、気ままにゆったりと温泉入浴したり、日帰り入浴にお部屋でリラックスするプラン、温泉とランチプランなどあり、日帰りプランの温泉も充実していてゆったりできますね。

箱根湯の花温泉ホテルの料理は、季節の味覚を美しくあしらった月替りの会席料理を楽しむことができ、箱根の山と海の幸を味わえます。

湯ノ花沢温泉へ旅行

湯ノ花沢温泉(ゆのはなさわおんせん)は、海抜935mと箱根十七湯の中でももっとも標高の高い場所にあり、眼科には、芦ノ湖、箱根外輪山の山なみが広がっています。
さらに、湯ノ花沢温泉からは、晴れた日には、小田原市内や三浦半島、房総半島まで見渡せます。

湯ノ花沢温泉では、湯野原高原に一軒宿の「箱根湯の花温泉ホテル」があり、ゴルフ場も併設されています。
湯ノ花沢温泉付近には、さらに、テニスコートもあり、温泉おともにスポーツも楽しむことができます。

湯ノ花沢温泉は、名前の通り、自然湧泉から生じる「湯の花」が一面に広がっている沢もあります。
昔はこの沢で盛んに「湯の花」が採取されこの地域の名物になっていたそうです。

湯ノ花沢温泉では、当初ははるか相模湾を見渡せる眺望を楽しむ露天風呂だけが作られ、与右衛門湯、弘法湯、権現湯などと呼ばれる湧出口があり、特に皮膚病に効果があり、治療に通う人が多かったそうです。

湯ノ花沢温泉は、現在では、自然湧泉は使わずに火山性水蒸気を温泉に変えて利用されています。

湯ノ花沢温泉周辺の神山を通り大涌谷へと向かうコースは健脚向けですが、箱根でしか見られない植物に出会うことができ、ハイカーに人気のコースとなっています。

湯ノ花沢温泉は、神奈川県足柄下郡箱根町湯の花高原にあり、アクセスは、箱根登山鉄道箱根湯本駅から箱根登山バス・伊豆箱根バス元箱根・箱根町行きで29分で行け、バス停の芦ノ湯下車で徒歩20分です。
車でのアクセスは、東名高速道路の厚木ICから小田原厚木道路、国道1号線経由で49kmですね。


泉質 単純硫黄泉
効果・効能 神経痛、皮ふ病、やけど・切り傷、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化症、高血圧症、慢性消化器病、糖尿病など
源泉数 1
泉温 55℃
湯量 1239リットル/分
飲用 不可