スポンサードリンク

函嶺

箱根の底倉温泉の函嶺は、宮ノ下駅から歩くこと15分にあり、湯量豊富な底倉温泉に建つ温泉施設で日帰り入浴が主体で宿泊は素泊まりのみ可能で、古風な洋館で、大正末期に建てられた洋館風の病院を改装したため、レトロな雰囲気も魅力のひとつで、日帰りでは竹林に囲まれた露天風呂に入れて、館内には貸し切りの内湯や一般の浴場もあり、じゃらんや楽天、ぐるなびなどの口コミでも評判ですね。

箱根の底倉温泉の函嶺は、太閤豊臣秀吉の淀君が体を癒した源泉掛け流しの日帰り入浴温泉となっていて、緑豊かな環境の中で、渓流を見下ろす露天風呂で四季折々の風景を眺めながらゆったりしたり、入浴休憩に個室休憩などでき、昔ながらの根強いファンが多い名湯です。箱根の温泉は、観光客でごったがえす施設が多い中で底倉温泉は、比較的物静かな穴場で、ゆったりと過ごしたい人にはおすすめですね。

箱根の底倉温泉の函嶺は日帰り客は男女別の露天風呂「淀君の湯」のみの利用ですが、源泉掛け流しとなっており、湯は無色透明無味無臭で少し熱めに設定されたきれいな湯で、肌触りのなめらかなお湯でサラリとして気持ちよいお湯ですね。こじんまりした石作りのお風呂で、浴槽は3,4人入ったらきつくなる程度の大きさで、露天は屋根がついているので雨が降っても濡れてしまうということはないでしょう。そして、何よりも素晴らしいのが風呂からの眺めで、傾斜の上の方に建っているため、箱根の山々の緑を楽しめ、木々に囲まれ、春は新緑、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色、さらに、はるか下の谷底には川が流れるという絶好のロケーションで、五感でリラックスできます。

そこくらの湯 つたや

そこくらの湯 つたや は、江戸期箱根七湯、底倉温泉唯一の隠れ湯宿で、日帰り入浴に力を入れてますが、宿泊施設も併設しており、底倉温泉の宮ノ下駅近くにある温泉宿で、平成19年にリニューアルされ、古民家をモチーフにモダンな雰囲気で、敷地内には自憤の蛇骨源泉が湧き、日帰り入浴風呂も可能となっており、男女別に伊豆青石の大浴場や露天風呂がりますし、無料休憩室や個室休憩室も備えており、入浴休憩では飲食物の持ち込みも可能で、宿泊は平日朝食付きであり、じゃらんや楽天、ぐうなびでも評判です。底倉温泉といえば「つたや」と言われるほどの老舗旅館であるが、日帰り入浴に力を入れており、自家源泉を循環と掛け流し併用で利用しており人気で、眼前に迫る四季折々の渓谷美と歴史ある名湯を掛け流しで堪能でき、口コミでも評判です。

そこくらの湯 つたやの底倉温泉のお風呂は、船や床が全面伊豆青石でつくられた内湯と、蛇骨渓谷のせせらぎが聞こえる野天岩風呂の露天風呂があり、野天岩風呂には敷地内の岩盤から自然に源泉がわき出ており直接注がれていて気持ちいいです。内湯は、太閤の湯という名で20人くらい入れそうで広くて明るいお風呂で、蛇骨渓谷側は全面ガラス戸で美しい風景を眺めながら温泉に入ることができますね。露天風呂は、木造の屋根の下に、岩の湯舟があり6人くらい入れそうで、やはり美しい山々を楽しめ、岩盤より自噴する『蛇骨源泉』は野天岩風呂のすぐ横から自然に湧出するお湯を楽しめ、空いてるときには、貸し切りにしてくれることもあるとか。

温泉成分の劣化がほとんどないので新鮮で柔らかな天然温泉を堪能でき、いずれもお湯は透明マイルドでほのかな香りがあり、体や肌にも優しく肌に柔らかくつるりとした感触を実感でき、泉質はナトリウム塩化物泉。湯船の湯温は41度〜42度となっているよう湯量が管理されていますし、野天岩風呂は男女それぞれ1つづつ設置されていてクチコミでも評価が高いです。

そこくらの湯 つたや(底倉温泉)には、広間休憩室もあり、出前を取ったり持ち込みも可能で、ゆったりでき、静かで、蛇骨川の渓谷のせせらぎ音と木々の緑を楽しみながらのんびりとお湯を楽しめる施設で、近くには太閤の湯もあり、入浴休憩や箱根観光の拠点として利用するのもおすすめですね。

箱根の底倉温泉「てのゆ」

箱根の底倉温泉の「てのゆ」は、日帰り温泉で、宮ノ下地区の外れに立つ規模の大きな自家源泉を持つ日帰り温泉施設で、露天風呂・内湯、貸切家族風呂で箱根の大自然を眺めながら堪能でき、個室で借りられる家族風呂も充実してますし割引のクーポンもあり、檜風呂や岩風呂、壺風呂など10種類が楽しめ、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判ですね。箱根の底倉温泉の「てのゆ」では、館内からの眺望も素晴らしいですし、湯上りもゆっくり打つログ琴ができ、食事もできますし、リラクゼーション施設としてゆったり温泉につかりながら、日頃の疲れを癒すことができますね。泉質は無色透明なナトリウム-塩化物泉で、ほぼ無味無臭の湯ですが、しっかりとツルツル感がある肌ざわりのいい湯ですし、泉温も最適で長湯に最適ですね。

箱根の底倉温泉の「てのゆ」では、基本的に循環とかけ流しの併用ですが、露天風呂では源泉掛け流しの大岩風呂のお湯もあり、どのお風呂からも箱根の山々が見渡しながら楽しむことができます。箱根の底倉温泉の「てのゆ」の露天風呂には、一人用の樽風呂と壺風呂があり、ゆっくり一人で湯を楽しめますし、2人が浸かれる寝湯などもあり、色々なお風呂があり趣向を凝らしておりクチコミでも評価が高いですね。箱根の底倉温泉の「てのゆ」の内湯は、はそれほど広いものではなく、石造りの湯船に木の縁のついた12〜3人が浸かることのできるものと気泡のついた5〜6人が浸かることのできる2つの湯船がありお湯は無色透明で適温です。その他にも宿泊気分を味わえる3種類の個室家族風呂の貸し切り風呂もありますし、ゆっくりできて最高ですね。

箱根の底倉温泉の「てのゆ」は、無料休憩所もあり、料理も楽しめ、お食事処で海の幸や山の幸の素材の料理を楽しめ、定食や朝食や夕食など色々あり、また、手もみ何処、足裏療法など女性のお客には特に満足の施設もあり、女性からも人気の日帰り温泉施設で、リラックスすることができます。

底倉温泉へ旅行

底倉温泉(そこくらおんせん)は、豊臣秀吉も愛したとされる由緒正しい「箱根七湯」の箱根温泉です。
底倉温泉は、箱根の中心部をながれる早川と蛇骨川が合流する渓谷に位置していて、のどかな風情を醸し出す温泉地です。

底倉温泉は、江戸時代から賑わった箱根七湯の一つで、現在で言う「温泉療養センター」に似た灸や食事療法を行う施設がありました。
底倉温泉は、湯上がり後には、ポカポカした寛治が長続きして体が芯から温まると評判の温泉です。

底倉温泉の旅館は、現在の「そこくらの湯 つたや」や「仙石屋」は、文化8年(1811)に編纂された箱根の案内書『七湯の枝折』にも描かれている老舗旅館として有名です。 1590年には、豊臣秀吉が小田原攻めの時に、湯治場として栄えたという記録が残る温泉地となっています。 底倉温泉には、その時につくたっとされる蛇骨川の川べりに残る「太閤石風呂跡」があり、戦に疲れた兵士だけでなく、秀吉の側室の淀君の腰痛もいやしていたとのことです。 底倉温泉は、明治時代には、宮ノ下温泉が外国人向けだった一方で、底倉は「四季折々の景観を楽しみながらゆっくりと過ごせる」と日本人に好まれたと言われています。
現在でも底倉温泉の周辺で、蛇骨川の対岸には花や紅葉で色づく豊かな自然が残っており、日本人の好きな風景が残っています。 底倉温泉は、小さな温泉地ですが、歴史に残る要人が愛してやまなかった温泉が現在でも大切に守られて残っている貴重な温泉地です。

底倉温泉は、神奈川県足柄下郡箱根町底倉にあり、アクセスとしては、電車では、箱根登山鉄道宮ノ下駅から徒歩20分でくことができます。
車では、東名高速道路で小田原・厚木の西湘バイパス箱根口ICから、国道1号で138号経由で約25分で行くことができますね。


泉質 ナトリウム−塩化物泉
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、神経痛・リウマチ・創傷・皮膚病など
源泉数 28
泉温 27〜95℃
湯量 1,020リットル/分
飲用 不可