スポンサードリンク

勘太郎の湯

宮城野温泉 勘太郎の湯は、日帰り入浴ができ、箱根の宮城野温泉の旧道を入ってすぐ左手にあり、強羅温泉とは早川を隔てた宮城野温泉にある日帰り温泉入浴施設となっており、自家源泉100%の良質な温泉ですし、計6つの湯船からなっていて、御影石の内湯・内風呂は、柔らかな陽光差し込むサンテラス風の造りで、ジェットバスや気泡風呂が設置され、男女別に天然石を配した東屋造りの岩造りの露天風呂や大理石の露天風呂もあり、箱根の山々を眺めながら、大空の下、早川のせせらぎを聞きながら、のんびりと湯浴みするのには、もってこいの施設でじゃらんや楽天、ぐるなびなどの口コミでも評判です。宮城野温泉 勘太郎の湯では、シャワーのお湯も温泉ですし、源泉を持ち、豊富な湯量を誇る湯元ならではで、湯船からでても温泉が味わえてしまいクチコミでも評価が高いですね。

宮城野温泉 勘太郎の湯の内湯は、20人ほどが浸かることができる湯船があり、浴室内に裸のまま腰を下ろして休める休憩スペースもあり、明るい感じでさわやかにゆっくりは入れますし、源泉掛け流しの半掛け流しで適温で気持ちいいです。宮城野温泉 勘太郎の湯の露天風呂は、日替りの男女交替制で、大理石露天風呂とあり、自然治癒力の向上、ストレス症・自律神経失調の改善効果があるいわれる「天照石」を湯船に配していて、温泉の効能との相乗効果で素晴らしい効能がありますね。宮城野温泉 勘太郎の湯では、ナトリム-カルシウム・塩化物・硫酸塩泉の湯は、肌がすべすべの美肌効果もあり、疲労回復にも特効、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺など20種の効能があるそうです。

宮城野温泉 勘太郎の湯では、2階には、80畳の大広間があり、大広間で休みながら何度も入浴することができ、料理もあり御食事処『櫻川』の食事もでき、貸切個室(3時間2000円)も備えているのでゆっくりできます。庶民的で地元の人も愛用されている湯で観光の帰りなどに立ち寄るのもいいですし、場所も行きやすいので是非行っておきたいスポットですね。

宮城野温泉へ旅行

宮城野温泉(みやぎのおんせん)は、箱根温泉で昭和33年ごろから木賀から引き湯をして温泉を利用してきました。
宮城野温泉は、大文字焼きで知られる明星ヶ岳とそれに続く明神ヶ岳の山すそに広がる集落にある温泉です。
宮城野温泉が箱根温泉の一つになったのは、昭和30年代になってからで、木賀や強羅からの引き湯として温泉を利用し、昭和40(1965)年に明神ヶ岳のふもとから温泉が湧出してからは保養所や寮が増えてきました。

宮城野温泉の周りの宮城野は、明星ヶ岳、明神ヶ岳の登山口としても有名で、ファミリー向けやハイカー向けの様々なハイキングコースがあり人気があります。

宮城野温泉の周辺には、史跡もいくつもあり、安土桃山時代の武将・北条氏直が出城を設置した城跡、日本武尊碑など国道138号に沿って流れる早川の渓谷に沿って植えられた桜並木を通り碓氷峠を目指すコースで見ることができます。

138号線から離れて、集落の中を通る旧道沿いには、村の鎮守「宮城野諏訪神社」がありますし、「宮城野国際マス釣場」では渓流釣りを楽しめます。
手頃な温泉もあり、町立「宮城野温泉会館」など日帰り温泉処が何箇所もあり、ハイキングの後などゆっくり汗を流すのもいいですね。

宮城野温泉の宮城野では、毎年7月行われる神事「宮城野湯立獅子舞」(国選択無形民俗文化財指定)や、8月の「宮城野夏まつり」で行われる「虫おくり」があり、無病息災、五穀豊じょうを願う農民の信仰心を今に伝える貴重な行事となっていて、観光客もたくさんきて楽しむことができます。

宮城野温泉は、神奈川県足柄下郡箱根町にあり、アクセスは、箱根登山鉄道宮ノ下駅または強羅駅から車で5分で行くことができます。
東名高速厚木ICから小田原厚木道路、国道1号・138号経由42kmで行くことができます。


泉質 弱アルカリ性単純温泉、ナトリウム−塩化物泉、ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉など
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節炎など
源泉数 14
泉温 20〜80℃
湯量 960リットル/分
飲用 不可