スポンサードリンク

和心亭豊月

和心亭豊月は、元箱根の芦ノ湖温泉で、個室料亭×旅館の贅沢な最高のおもてなしとモダン懐石を愉しむ、極上の空間を演出する宿で、料理は日本各地から取り寄せた旬の食材を、最もおいしい形で提供してくれますしコーヒーもあり、客室は芦ノ湖を一望でき、温泉や日帰りプランも楽しめ、じゃらんや楽天、ぐるなびなどでも評判です。出迎えは、おしぼり・お抹茶・お菓子が嬉しいですし、温泉は24時間いつでも利用でき、日帰り温泉なども楽しいですね。

元箱根の和心亭豊月の客室の部屋は、芦ノ湖を一望することができ、夜は芦ノ湖に映る月明かりが水面を照らしてくれ綺麗で、朝はやわらかい日差しが心地よく、部屋に入ると景色に感動します。和心亭豊月の部屋のタイプは5つあり、宿泊や利用目的により使い分けることができ、2人用のリーズナブルな客室や10畳と6畳とに部屋が分かれた客室は広々として人気ですし、離れの別棟の部屋など様々あり、家族とのご宿泊には、ちょっと大きなお部屋、友達や夫婦、カップルとは2人用の部屋で談笑など楽しむといいですね。箱根の高台に位置する和心亭豊月ならではの美風景が広がっており、和心亭豊月では掘りごたつも人気ですし、時間がゆったりと流れているようで、落ち着いて過ごすことができ、他の旅館との違いを実感できる素敵な部屋で、口コミでも評価が高いです。

和心亭豊月の芦ノ湖温泉のお風呂は、一晩中いつでも利用でき、内風呂の「湯けむり月」や「月見の湯」、露天風呂の「岩合い月」は、檜のたらい風呂で、露天風呂の「風月の湯」は岩の露天風呂となっており、箱根の絶景を眺めながら温泉で塚rを癒すことができますね。バスタオル・フェイスタオルは、脱衣室にご用意してあり、自由に使うことができ、何度でも、好きな時にご入浴を愉しめます。

箱根の和心亭豊月の料理は、箱根の素材を活かしており、個室料亭での和にこだわらない、洋食中華の献立等も取り入れた豊月独自のモダン懐石が人気で、上品で手の込んだ一品一品は五感でおいしさを楽しむことができ、できたてを最も美味しく食べれるように、朝食も夕食も個室料亭で提供され、特別な雰囲気が漂っていて、一度ここで食事をすれば個室料亭で食事をする意味がわかるはず!個室空間で庭を眺めながら、堀ごたつでゆったりと、絶妙なタイミングで運ばれてくる一品一品を味わう贅沢は最高で、月替わりのモアン懐石を味わうために、毎月訪れる人もいるというほど、和心亭豊月の料理はブログなど口コミでも評判ですね。夕食中に布団を敷いて、朝は布団を上げずにご朝食までゆっくり休むこともできます。旅館スタイルのくつろぎと、ホテルスタイルの便利さが融合したサ−ビスで、料亭の食事を楽しめて人気がありますね。

箱根の和心亭豊月では、24時間入れるお風呂と、自由に使え図書館、マッサージルームの存在はもとよりスタッフの方のあたたかいおもてなしがあり、スタッフの接客も良いですし、これまでで1番満足したお宿、これ程上質な宿に出会ったのは初めてで感激する人も多く、また宿泊したいという人も多く人気の宿となっています。

鶴井の宿 紫雲荘

箱根塔ノ沢温泉 鶴井の宿 紫雲荘は、塔ノ沢温泉で、食にこだわる人や、カップルやご家族での記念日旅行に最適で、亭主自ら創る和風創作会席が自慢となっており、プライベート重視の全室、御部屋食で嬉しいですし、景観も良く、温泉湯量が豊富な宿で和宮の密葬を行った「阿弥陀寺」ふもとにあり、早川に隣接しつり橋を渡る源泉かけ流し天然温泉貸切露天風呂「観山の湯」もじゃらんや楽天、ぐるなびなどでも大好評で評判です。鶴井の宿 紫雲荘は、江戸時代より必ずと言って良い程かかれている塔之沢のシンボル「勝馬麗山」を入口にして建っており、早川と塔之峰を一望できる宿で、塔ノ沢のきれいな空気で深呼吸ができ、6月中旬から7月上旬までは「箱根あじさい電車」「夜のあじさい号」紫陽花と6月は毎年恒例、塔ノ沢の2千匹のホタル鑑賞が楽しめて最高ですね。

鶴井の宿 紫雲荘の客室の部屋は、四季を眺めることができ、箱根の大自然に囲まれ早川からのマイナスイオンと森林浴、井草の香りただよう清潔な和室となっており、心からの癒し寛ぎの時間を感じることができ、それぞれに趣がある5タイプの部屋があり、ニーズに合った宿泊ができます。鶴井の宿 紫雲荘には、露天風呂付き客室などあり、露天風呂付き和洋特別室には、ベッドルームと和室、檜の露天風呂を楽しめます。勿論普通の客室もありますし、どの部屋も綺麗な和室で、箱館根の風景を眺めながら素敵な時間を過ごせますね

鶴井の宿 紫雲荘の塔ノ沢温泉のお風呂は、敷地内に源泉をもつ100%源泉掛け流しのアルカリ性単純温泉で、雄大な大自然をバックにし、春は緑、夏はホタル、秋は紅葉と豊かな自然とみごとにとけ合う露天風呂で眺めも良く、箱根の四季に触れることができる湯で心身共に疲れを癒していますし、子宝の場としても有名でクチコミの評価も高いです。鶴井の宿 紫雲荘の塔ノ沢温泉のお風呂では、貸切露天風呂もあり、観山の湯は、野趣豊かな自然とたっぷりの湯をひとりじめでき、予想以上の感激で、箱根の自然を満喫でき、貸し切り露天風呂の男爵の湯は、古代檜造りの浴槽のお風呂で心身ともに、檜の香りで癒されますね。

鶴井の宿 紫雲荘の料理は、四季それぞれの旬の素材を使い、季節を盛りつけた食事ができ、新鮮魚介や産地直送の新鮮野菜の吟味がされており人気で、四季折々の雄大な木々と爽涼な川流れが織り成すパノラマのような絶景な匠の技で創り上げる本格的な日本料理となっており、食通をも唸らせる絶品料理として名高く人気で評判です。塔の沢の自然を生かした、館主こだわりの盛り付けなど唯一無二の味覚を味わえて、鶴井の宿 紫雲荘の目玉の一つですね。料理は量も多く質も良く、朝食も夕食も満足できるものです。

福住楼

福住楼(ふくずみろう)は、箱根の塔ノ沢温泉で、創業は明治23年・1890年の老舗宿で、夏目漱石、島崎藤村など多くの文人墨客に常宿として愛されてきた純日本旅館で、建物は今では珍しい木造3階建て、現在、有形登録文化財となっていて、玄関をくぐり奥へと進むと静寂と歴史の名残を感じることができ、じゃらんや楽天、ぐるなびなどの口コミでも評判の旅館です。

福住楼の客室の部屋は、色々な有名人や文人が宿泊された部屋があり、愛されていた宿というのがよくわかり、人気お宿です。

福住楼の塔ノ沢温泉のお風呂は、松をくりぬいて組み合わせた大丸風呂と、岩風呂があり男女入れ替え制となっており、いずれの湯殿からも無色透明のやわらかな源泉が、地下100メートル程の浅い所から24時間ひたひたと源泉かけ流しであふれています。お湯は全てが天然で、肌に柔らかなお湯となってて、疲労回復、健康増進、神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばりなどの効果・効能もありブログなどクチコミでも評価が高いです。

福住楼の料理は、箱根の近海の新鮮な魚介類をメインにして、素材を活かした月替わりの会席料理を出していて、部屋で食べる音ができゆっくりと食事を楽しめます。料理は味も量も、品数の量も決して多すぎず、食通の方でもきっと満足できる食事を楽しめます。

山の茶屋

山の茶屋は、箱根湯本・塔ノ沢温泉で、渓谷に隠れた絶景野天の宿となっており、月替りの創作懐石は客室で堪能することができ、自家源泉の湯と四季を味わう旅館で、露天風呂も人気ですし、JTBや一休で予約でき、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判です。時間を気にせずリラックスできる旅館で、リピーターも多いです。

山の茶屋の客室の部屋は、特別室や露天風呂付き客室、洋風客室や和室とあり、様々なスタイルの部屋があり、ニーズにあった部屋がありますね。山の茶屋の特別室では、二階建て汚点風呂付き特別室の「山の灯」と点風呂付き特別室の「山の朝」、露天風呂付き月見台和のツインの「姫沙羅・桔便」とあり、それぞれ部屋は広く、和の雰囲気を味わうことができ人気ですね。山の茶屋で露天風呂付き客室で「山の夕」もあり、トイレもあり落ち着くことができます。洋風のベッドのある部屋もありますし、普通の和室でも十分に満足でき、綺麗なお部屋で満足できることでしょう。

山の茶屋の塔ノ沢温泉のお風呂は、露天風呂や内湯もあり、岩戸の野天風呂は四季の山並みを眺めながら源泉の湯を楽しむことができ、湯船にある大岩が特徴的で創業当時からあったそうで箱根の景観とともに素晴らしい雰囲気の露天風呂で温泉に入れます。
山の茶屋の塔ノ沢温泉の渓谷の野天風呂では、早川渓谷を望み川のせせらぎの音をききながら源泉のぬくもりに癒される開放的な露天風呂になっています。内湯は、かじかの湯があり、大きな内風呂で広い湯船に注いだ、塔ノ沢温泉の源泉をゆったり楽しめます。

山の茶屋の料理は、朝食も夕食も四季折々でその時々にしか会えない旬の食材を厳選して素材の味わいを大切にした創作料理で、山と海が隣接する箱根ならではの新鮮な魚や肉、うなぎ、野菜を活かして、山の幸と海の幸を味わうことができ、月替わりの献立の食事を楽しめます。山の茶屋の朝食の料理は、山の朝食を味わえて、月替わりで用意されており、一手間も二手間も掛けた豪華な料理でおいしさが楽しめますね。料理はおいしいですが、ちょっと少なめなのが残念ですが、内容的には満足できますね。山の茶屋の料理を目当てに、もう一回来る人もいるようです。

歴史生きづく宿 元湯 環翠楼

歴史生きづく宿 元湯 環翠楼(もとゆ かんすいろう)は、塔ノ沢温泉で、篤姫登楼の宿、和宮終焉の地で、箱根湯本駅から行くことができ、古きよきものをそのまま残した建物で、国の有形登録文化財に指定されており、明治の元勲伊藤博文や西園寺公望など政界の大物や島崎藤村などの文人が多く訪れ、箱根老舗旅館で過ごす和のリゾートを楽しめ、じゃらんや楽天、ぐるなびなどクチコミでも評判ですね。冠翠楼は、明治23年伊藤博文が宿泊した際、当時の建物を環翠楼(緑の木々に囲まれた高殿の意)と詠んだ漢詩を贈り、以後「元湯 環翠楼」となり、歴史のある雰囲気を感じることができる温泉宿です。元湯 環翠楼は、露天風呂が最高で、貸切風呂が4つ、うち露天風呂が2つあり、源泉掛け流しのノスタルジックな雰囲気な温泉で人気です。

歴史生きづく宿 元湯 環翠楼の客室の部屋は、全て違う間取りの部屋となっており、どこにいつ泊まっても楽しむことができ、銘木をふんだんに使用した昔のタイプのお部屋から露天風呂の付いた部屋まで、様々なニーズに応えてくれて、数寄屋造りのお部屋、大正時代の照明利用の部屋など雰囲気のある部屋もあり特別室 離れ『洗心亭』も人気ですね。


歴史生きづく宿 元湯 環翠楼の温泉の塔ノ沢温泉のお風呂は、貸切風呂が4つ、露天風呂が2つあり、ステンドグラスが美しい家族風呂「養老の湯」(内湯)や現代的なイメージの「末広の湯」(内湯)があります。元湯 環翠楼の貸し切り露天風呂は、離れにある男女別の露天風呂があり、早川沿いに建つ露天風呂で、新緑やもみじなど春夏秋冬で楽しめ、すべての貸切風呂は、宿泊客は無料で利用できるのが嬉しく口コミでも評判ですね。また、露天風呂付き客室「もみじ」もあり、源泉掛け流しで、庭に面した露天風呂は、趣きたっぷりですし、「清流」のような内湯の温泉付き客室も6室あり、贅沢な雰囲気です。岩風呂の大浴場は、デザイン豊かなタイルが敷き詰められ、循環風呂ではない源泉かけ流しの湯舟が2つ並んでおり、評価が高いですね。歴史生きづく宿 元湯 環翠楼では、岩盤浴風呂もあり人気で、遠赤外線を放出する特殊な石で、サラサラな気持ちよい汗をかくことができ、カラダの老廃物を汗として出すことができますね。

歴史生きづく宿 元湯 環翠楼の料理は、季節ごとの四季折々の料理があり、量も味も食事も満足できますね。

塔ノ沢 一の湯本館・新館

塔ノ沢 一の湯本館・新館は、塔ノ沢温泉にあり、全室が早川渓谷を望む箱根の創業370余年の老舗宿で、思い立った時に旅立てる宿を目指し、低価格に挑戦し続けて来た旅館でじゃらんや楽天、ぐるなびでも評判です。大正時代に造られた大広間の雰囲気をそのままに残したレストランで、食事をすることができ味わう夕食は一の湯本館が自慢にオリジナル料理で人気がありますし、塔ノ沢温泉の一の湯本館では、大正時代の木造4層建て数寄屋造りの旅情あふれる老舗の箱根温泉の旅館で、昔ながらの風情と温泉情緒を満喫でき評価が高いですね。大正時代に建築されたもので、老朽化は否めないですが、建物の手入れはよくされており、宿泊料金も安く人気の旅館となっています。「塔ノ沢一の湯新館」、「塔ノ沢キャトルセゾン」、「強羅一の湯」、「仙石原 はたご一の湯」、「仙石原 品の木一の湯」、「仙石高原 大箱根一の湯」、「姥子温泉芦ノ湖一の湯」の温泉も無料で入れて、日帰り温泉もできて、いいですね。布団敷きはセルフサービスですが、気にならないくらいで、日帰り温泉入浴や素泊まりも受け付けているので、近くのお店やレストランで食事をするといった宿泊スタイルも選べますし嬉しいところです。

塔ノ沢 一の湯本館の客室の部屋は、全室が渓谷に面し、全館和室のみで、内10室には箱根の四季を堪能できる源泉掛け流しの専用個室露天(展望)風呂付特別室の客室もあり大人気で、箱根の自然をひとりじめにしたような気分に浸れますね。塔の沢一の湯新館は全20室中15室に客室露天風呂があり、ローベドがあるモダンな作りとなっており、若いカップルに熟年の夫婦まで幅広い年齢層の人に受け入れられる人気宿です。

塔ノ沢 一の湯本館・新館の温泉のお風呂は、毎分65リットルの豊富な湯量の自家源泉を持ち、風光明媚なロケーションも素晴らしいですし、湯宿独特の旅情が溢れています。塔ノ沢 一の湯本館の貸切風呂の大理石風呂は宿泊客は無料で貸し切りが可能で、ノスタルジックな造りとなっており、「一の湯」のお風呂の中では最古のものということで、色鮮やかなステンドガラスの装飾も素晴らしいですね。塔ノ沢 一の湯新館でも全20室中15室で源泉掛け流しの客室露天風呂があり、箱根の自然を楽しみながら温泉を堪能でき、どちらもクチコミでも評判ですね。また、「一の湯」グループは現在箱根に「塔の沢一の湯新館」、「塔の沢キャトルセゾン」、「強羅一の湯」、「仙石原 はたご一の湯」、「仙石原 品の木一の湯」、「仙石高原 大箱根一の湯」、「姥子温泉芦ノ湖一の湯」と8つの旅館を運営していますが、宿泊当日と翌日なら一の湯各館のお風呂を無料で利用できるので、日帰り温泉入浴など湯巡りできるのも嬉しいところで好評です。

塔ノ沢 一の湯本館・新館の料理は、基本的には海鮮鍋と金目鯛の煮つけがメインで品数が多いとはいえないですが、箱根山麓豚とたっぷりお野菜、そしてクコの実などの薬膳素材をアクセントにしたヘルシーなセイロ蒸がメイン料理や新鮮な海の幸の舟盛付コース、洋食もありますし満足できますね。

塔ノ沢 一の湯本館・新館は、古い旅館でもお年寄りだけでなく、若い人も多く、老若男女に人気のある旅館で、温泉や料理、露天風呂付き客室とクチコミでも評判ですね。

塔之沢温泉への旅行

塔之沢温泉の温泉地は、江戸時代に箱根七湯といわれた温泉の一つで、現在は箱根十七湯です。
塔之沢温泉は、江戸時代以降に開湯しており、箱根七湯の中でも新しい温泉です。
良質の温泉が豊富に湧き出し、諸国からの湯治客でにぎわっていたそうです。

塔之沢温泉は、早川沿いには、老舗旅館が並んでいて、箱根温泉でも多くの文人墨客に愛された温泉地として有名です。
塔之沢温泉は、箱根湯本温泉から少し山間に入って、600mほど上がった早川の渓谷沿いに古き良き時代の面影を残した宿が立ち並んでおり、温泉は、弾晢上人によって慶長10年(1605)に発見されたと言われています。
塔之沢温泉では、山間の静寂な雰囲気で新緑や紅葉時のシーズンには、色どりが鮮やかで、敬竜との調和も見事になっています。 いくつかある吊橋からは、記念撮影やスケッチをする観光客も多いですね。

弥次郎兵衛と喜多八で知られる、江戸時代の人気小説『東海道中膝栗毛』の中でも、塔之沢温泉は描かれており、『箱根江の島鎌倉道中記』のなかで、「・・・ここにいたっては景色よきところにして、山を勝麗山といひ、川を早川といふ。この湯ハ、まことハかくして養生湯なり。諸病によし。湯宿も奇麗風流にて、入湯の人もおほく、軍書、講釈、落語、楊弓もありてにぎハしき所なり」と言っています。
(塔之沢は景色がよくて、ここの温泉はいろいろな病気によく効く。宿も奇麗で入湯の客が多い。戦記ものなどの講談や落語、楊弓も楽しむことがでてとてもにぎやかなところだ)

他にも、島崎藤村や川端康成、夏目漱石などの奥の文豪たちも、この塔之沢温泉の温泉のお湯を愛しており、何度も訪ねたそうです。
このように、塔之沢温泉は、古くから多くの文人たちを癒しており、常宿として使われた使われた老舗温泉も残っています。
塔之沢温泉の周辺には、華やかな花を一年中楽しめる「箱根ベゴニア園」(塔之沢駅から徒歩5分・湯本駅から無料送迎バスあり)も出来て新しい魅力がありますね。
他にも、箱根登山鉄道・塔之沢駅のホ−ム続きには火伏観音や深沢銭洗弁財天、国道1号線沿いには、『箱根霊験躄仇討』でおなじみの飯沼勝五郎・初花伝説に彩られた浄福院跡や「小屋掛ノ椎木」、熊野神社などもあります。

塔之沢温泉は、神奈川県足型下郡箱根町にあり、電車のアクセスでは、箱根登山鉄道の塔之沢駅下車で行くことができます。
車のアクセスでは、東名高速道路の厚木ICから小田原厚木道路、国道1号線経由で36kmで行くことができます。


泉質 アルカリ性単純温泉 効果・効能 神経痛、リウマチ、関節炎、五十肩、一般的適応症、慢性皮膚病、慢性婦人病など 源泉数 9 泉温 38〜63℃ 湯量 793リットル/分 飲用 不可