スポンサードリンク

くつろぎの宿 静観荘

くつろぎの宿 静観荘は箱根湯本温泉にあり、2006年11月に、全室専用露天風呂付で新装されて綺麗な部屋がじゃらんや楽天でも口コミでも評判の旅館で、旧街道に面した寛ぎの宿として人気がありますね。静観荘は箱根で、奈良や三浦半島の油壺や大船、古山、網元民宿とは異なり、温泉が充実しており、自然も豊かで秋は紅葉、春は若緑など湯坂山の四季を愛でる露天風呂でくつろぐことができます。

静観荘の客室の部屋は、旧東海道側には離れに専用露天風呂がある部屋と湯坂山側には、テラスに露天風呂がある部屋がありそれぞれで楽しむことができますね。くつろぎの宿の静観荘の専用露天風呂がある部屋では、各部屋ごとに専用の露天風呂が配備され、部屋を一度出て静観荘の建物のデザインを楽しみながら露天風呂でゆっくりするのもよいですし、部屋にこもったままではわからないような旅館の楽しさを味わえますよ。静観荘のテラスに露天風呂がある部屋は、湯坂山を望む部屋いは全てに湯坂山のパノラマできる源泉賭け流しの露天風呂があり、部屋は端正な琉球畳がありシックな雰囲気で落ち着くことができますね。

静観荘のお風呂は客室の部屋にある露天風呂の他にも、旧東海道側に滴緑の露天と湯坂山側に絶佳の露天があります。旧東海道側の滴緑の露天では、滴る緑に浸るようなどこまでも静かな時間を楽しめ、ゆっくりと露天風呂を楽しめますね。湯坂山側の絶佳の露天は、正面に湯坂山を望み絶好のロケーションの露天風呂で、箱根湯本の便利な地で最高の風景を楽しみながらゆっくりと温泉を楽しめます。静観荘の露天風呂の温泉は、客室や露天とどれも口コミでも評判となっており人気がありますね。

静観荘での料理も評価が高く、月ごとに料理が変わり、楽しい食事を楽しめ、減塩など希望にも応えてくれますし、食べごたえのある料理で満足できますね。夜朝共少しずつ品数が多く、一品一品とても丁寧で美味しいですし、詳しいメニューは静観荘に問い合わせると教えてくれます。
じゃらんや楽天でも口コミでも評判ですし、食事やお風呂にサービスと満足いくものでした。

玉庭

玉庭(ぎょくてい)は箱根湯本温泉で、修学旅行などでも人気がある箱根湯本の高台に佇む閑静な宿で、箱根連山を眺めながら新鮮な魚介類と旬の素材を生かした懐石料理を味わい温泉を愉しむことができ、じゃらんや楽天など口コミなどでも評判です。

箱根の玉庭は、客室の部屋では全ての客室内風呂で源泉を引湯していて、好きなときに温泉を満喫することができます。客室は全てが離れになっていて、和室三間に檜の内風呂付きですし、内庭に面しているので綺麗な庭が見えますね。

箱根湯元の玉庭の温泉のお風呂は、美肌の湯として有名で女性にも人気があり、客室の内風呂以外でも展望大浴場の金殿、銀殿とあり箱根の風景を眺めながらゆっくり温泉を満喫できます。美肌の効果・効能以外にも、神経痛・リュウマチ、婦人病、病後回復、ストレス解消、冷え性、関節症、筋肉痛、五十肩、腰痛、神経痛とあります。

玉庭では料理や食事もクチコミで評判が良く、目玉の一つで、日本伝統の懐石料理を素材本来の旨味を生かして造ってあります。料理は、食事の進み具合に合わせて部屋に運んでくれるので、部屋でゆっくり食べることができ、ありがたいですね。
器も綺麗で、見た目も素晴らしいですね。

箱根湯本温泉の玉庭では、日本の古い家屋や部屋・風呂の雰囲気を経験することができ、旅館ならではのサービスでリフレッシュすることができます。

おん宿 章八

おん宿 章八は、箱根湯本温泉で、眺望の良い客室と丸い釜露天や寝風呂で寛ぐ全11室の宿となっており、じゃらんや楽天など口コミでも評判ですね。

おん宿 章八の客室の部屋は、全11室で、静けさの中に木のぬくもり香る純和風の空間となっていて、湯本の町並みを見下ろす客室でゆっくり過ごすことができます。料理もゆっくり楽しめるように部屋食となっており、おいしく食事ができますね。

おん宿 章八は箱根湯本温泉でお風呂が何種類もあり、大浴場「化粧の湯」 、露天風呂「かま風呂」、 大浴場「さざれの湯」 、露天風呂「寝風呂」 と様々な温泉とお風呂を楽しめますね。大浴場には、露天かま風呂と露天寝風呂が併設されており、美肌効果・神経痛・筋肉痛・健康増進に、関節痛・五十肩・うちみ・くじき・冷え症や運動麻痺・関節のこわばり・慢性消化器病・痔疾に効果や効能があります。

御宿 章八は、箱根でゆったり過ごすのに最適で、全11室ですから落ち着いて箱根の温泉と自然を満喫で、きおん宿 章八はオススメできます。

桜庵(おうあん)

桜庵(おうあん)は、箱根湯本温泉にあり、都心から1時間で、自然や時間、豪奢、温泉、美食。一流の贅を極めることができ、日帰り温泉などもありますし、口コミでも評判です。

箱根の桜庵は、客室は、23部屋すべてにわたり、柱材、板材、壁材、カタチ、色、紋様と遊びを変えてあり、楽しめますね。洋室は、日本建築の遊びの心が生かしてあり、8室の空間はそれぞれのテーマにそって、気品と豪勢な様がありますね。桜庵の客室は全室がスイートサイズとなっていて、離れ家風になっており、各部屋それぞれ専用のブリッジを渡って入室し、プライバシーを重視したつくりになっています。

箱根湯本温泉の桜庵のお風呂は、檜の露天風呂があり、野生の猿や猪、沢蟹、山女魚、むささび、いたち、蛍など、自然と生きものを眺めながら入浴することができ、最高の幸せを感じますね。

桜庵の料理は、一流割烹の技を楽しめ、四季折々の味覚で、現代感覚あふれる空間で贅沢な逸品を堪能でき、選りすぐった材料で四季の一品一品でおいしい食事ができ、至福の時を過ごすことができます。
他にも、桜庵では、オールシーズン泳げる室内プールにエステもあり、ゆっくりできますね。

ホテル南風荘

ホテル南風荘は、箱根湯本温泉で、部屋からは須雲川の川音と四季折々の自然が楽しめますし、温泉は花崗岩と青石を使った自慢の殿方大浴場、東屏風婦人露天風呂があり、2007年7月に男性・女性の露天風呂が大幅リニューアルしえおり、口コミでも評判です。ホテル南風荘は、本館や別館、風の庵などで宿泊ができ、どこでも落ち着いて過ごすことができますし、スロープも綺麗で、じゃらんや楽天のクチコミでも評価が高いですね。他にも、海花やエステもすることができ、日帰り温泉入浴などもありますし、小田急トラベルなどでもツアーがあります。

ホテル南風荘は、客室の部屋は、客室にある露天風呂からは庭を眺めつつ湧き出るお湯に身をゆだねることができ、贅沢な時間を過ごすことができますね。ホテル南風荘は、風の庵や本館に別館で宿泊できますが、風の庵では、露天風呂付き客室となあっていて、ラジウムゲルマニウム浴槽の露天風呂となっており、心も体も芯から温まることができ、食事もお部屋も大満足ですね。部屋のお風呂でゆっくり大自然を眺めながらの入浴は最高ですよ。本館の部屋は、明るく清潔な和室10畳タイプのお部屋で、部屋からは、四季折々の景観を楽しめます。別館の部屋は、全室ツインベッドを備えた快適なお部屋で、食事はレストランで山海の美味を味わうことができます。

ホテル南風荘のお風呂は箱根湯本温泉で、心地良い露天風呂や大浴場があり、いちの湯、にの湯とあり、木の香り漂う極上風呂です。ホテル南風荘の料理は、澄んだ空気に包まれながら季節ごとに旬の素材を用いた和風料理を堪能でき、山海の旬の幸を楽しめますね。

ホテル南風荘では、森林浴の静寂と賑やかなリゾートライフをまとめて実現することができますね。

湯さか荘

湯さか荘は、箱根湯本温泉で、箱根湯本旧街道沿いに佇む木造建築の宿え、日本庭園露天風呂と貸切半露天風呂を満喫することができ、混浴など日帰り入浴もできますし、四季替わりの京風和食膳をゆっくりお部屋食で客室で食べることができ、じゃらんなど口コミでも評判ですね。箱根の湯さか荘では、湯量豊富な庭園露天の他、昨年女性専用の檜風呂もあり、2006年の夏には、和風建築の美をコンセプトにロビーラウンジを改装オープンしており、みどころも多くすごしやすい宿になっています。

湯さか荘は、客室は、全14室で、純和風造りの部屋となっており、箱根の自然を眺めることができるお部屋となっていて、全14室すべて和室で、内3室が露天付き客室となっておりクチコミでも評価が高いですね。

湯さか荘では箱根湯本温泉でお風呂も充実していて、庭園露天風呂の男女別内湯に、庭園露天風呂や貸切露天の早雲の湯とあり目玉となっていますね。湯さか荘の庭園露天風呂は、手入れされた五葉松を中心とした日本庭園と、全国の名石が配された露天風呂となっていて、お湯は源泉明け流しで庭園と自然を楽しみながらゆっくりできますね。庭園露天風呂は、通常は混浴で、夜の8時から9時は女性専用時間となっており、女性だけで入りたい場合はこの時間に利用するといいですね。さらに、檜の貸切露天 早雲の湯は、平成16年の2006年に新設された檜の香り漂う貸し切り風呂で、3坪ほどの坪庭があり、冬は大窓を閉めて温かい湯船、夏は窓を開いて半露天を楽しめ、チェックインの時に予約すれば入ることができ、一組30分は無料で利用できるので、是非入ってもらいたいですね。二つの露天風呂は、クチコミでも評判が良いですし、綺麗でいつまでも入っていたいほどです。

湯さか荘の料理は、季節の料理が用意されていて、バラエティーに富んでいて、新鮮な山海の旬を手間ひまかけて調理してあり、宴席をあでやかに彩り、おいしいです。

湯さか荘は、サービスも良いですし、食事に部屋にお風呂と満喫できることでしょう。

千尺の湯 湯蔵

千尺の湯 湯蔵(ゆうぞう)は、箱根湯本温泉にあり、温泉は敷地内に自家専用の源泉を保有しており、一滴も水を加えず本来の温泉を味わえて口コミでも評判です。箱根湯本駅から徒歩4分の立地で、箱根観光にも便利ですし、日帰り温泉もでき、家族・ファミリーから夫婦に恋人、友達と幅広い方に利用されており、満足度も高いですね。

千尺の湯 湯蔵の客室は、平成18年にリニューアルしており、綺麗で清潔感があり、1日5部屋だけの旅館となっており、ゆったりと落ち着いて過ごしたい人におすすめです。部屋室が5部屋と少ない分対応が行き届いている上、料金も安いですし、料理も十分な食事量で、客室が少ないので貸し切りのような感覚で止まることができます。

千尺の湯 湯蔵の温泉は、美肌や肩こり、筋肉痛や神経質、五十肩やうちみ、くじき、胃腸病などに効果、効能があり、源泉は流石で、キラキラして温度は少しぬるめでしたが気持ちよく入ることができます。日帰り温泉などもできて、クーポンなど使えばさらにお得ですね。

千尺の湯 湯蔵の料理は、素材の味わいが増すような旬のものが吟味して造られており、旬の素材を生かした和の膳があり、旅情彩る逸品料理の数々を堪能できますね。

ホテルおかだ

ホテルおかだは、箱根湯本温泉にあり、じゃらんなど口コミでも評判で、料理や朝食やランチに夕食と食事もバイキングなどもありクチコミでも評価が高く、日帰りもお得で、ツアーなどJTBで予約できますね。ホテルおかだの客室は、種類も豊富で、和室や和洋室など様々なタイプがあり、温泉を独り占めできる露天風呂付客室もあり、ゆっくり箱根湯本温泉を味わえます。
雅のフロアでは、室内は寄木細工の小物類や琉球畳などを使用し、落ち着いた雰囲気ですし、露天風呂付客室は、いつでも好きな時間に温泉を味わえる露天風呂があり、家族や夫婦に恋人と楽しめますね。源泉内湯付客室では、天然温泉の風呂で客室ごとに形が異なり、何度でも楽しむことができます。アメニティも充実していて、浴衣もおしゃれなものが多く、枕も種類用意されていて、ぐっすり眠れるでしょう。建物は古いですが、古くなったものは補修がしてあり、掃除も隅々までされており、不自由なくすごすことができ、スタッフも親切で礼儀正しいですし、さすが老舗旅館と満足できます。

ホテルおかだの温泉は、5本の源泉があり筋肉痛、五十肩、神経痛、関節痛、慢性消化器病、痔疾、運動麻痺、冷え性に効果効能があります。客室にある温泉の他にも、7種類のお風呂が楽しめるスパリゾート「湯の里」は湯量が豊富で、展望大浴場・露天風呂や足湯があり、足場は、箱根の山々が一望でき、箱根の移りゆく四季が楽しめますね。ホテルおかだでは、日帰り温泉もあり、「日帰り温泉 湯の里」では、箱根の自然が豊かなロケーションで気軽に温泉を楽しめ、ジェット風呂、プラズマ湯、泡風呂など、豊富なスパ・バリエーションがあり、貸切風呂も良いですね。

ホテルおかだの料理は、料理長が心をこめて作った料理は夕食・朝食ともに客室で楽しめたり、食事処でできますね。料理は、朝食はバイキングで、夕食は和風会席膳の食事などあり、相模湾や駿河湾の幸を楽しめます。朝食バイキングは、和洋50種類を取りそろえていて、口コミでも評判が高いです。

ホテルおかだの日帰りプランなどもあり、箱根をランチと温泉で0泊2食の旅を楽しめて、ランチバイキングと夕食で1日を楽しむのもいいですね。会席コースでちょっと贅沢に過ごすのも楽しいですね。

正月や夏休みには、イベントもあり、もちつき大会、盆踊り、花火大会などお子様と楽しめるイベントが沢山あります。

湯本富士屋ホテル

湯本富士屋ホテルは、箱根湯本温泉で、都心から90分、そして最寄の箱根湯本駅から3分と便利な立地にあり、じゃらんなど口コミでも評判で、ツアーや日帰りプランなども組まれ、温泉湯処早雲に、ハイグレードな施設を誇る大コンベンションホールもあり、食事はバイキングもありますし、温泉情緒を満喫して楽しむことができます。

箱根の湯本富士屋ホテルの客室は、自宅にいるような親しみやすい空間を味わうことができ、家族、ファミリーや個人、ダンタイ、グループとあらゆるニーズにこ応えてくれる様々な部屋のタイプがあります。ツインルームや和室に和洋室、デラックスルームにスイートルームもありますし、予算と好みに合わせて利用するといいでしょうね。

箱根湯本温泉の湯本富士屋ホテルでは、温泉湯処早雲のお風呂があり、経痛・五十肩・運動麻痺・病後回復・疲労回復・痔疾・うちみ・くじきなどに効果、効能があり、豊かな自然に囲まれたくつろぎの空間で、様々な種類の温泉があります。
大自然を感じながら湯に浸れる露天風呂や、清潔で広々とした男女大浴場、家族とのふれあいを大事にしたプライベート感覚の貸し切り風呂に、低音サウナまで完備されており、多彩な温泉を味わうことができますね。

湯本富士屋ホテルの日帰りプランでは、日帰り温泉プランがあり、「日帰りレストランプラン」は、入浴と休憩がセットになっていて、バイキングプランやレストランプランがあります。また、リフレクソロジーもあり、足つぼアロマオイル、東洋式整体に山野愛子美容室、出張マッサージとあり、リラックスできます。

湯本富士屋ホテルの食事はバイキングが人気があり、「姫沙羅」では、朝食バイキングやランチバイキングとあり、和食や洋食のメニューがあり、ランチバイキングでは、新鮮な魚介類や肉料理にサラダやデザートなども豊富で、ホテル自慢の洋食や中国料理をバイキングスタイルで食べることができますね。バイキング以外にも、和朝食や日本料理、フランス料理、中国料理などあり、バイキングもその他も、各料理人が、厳選された食材を使い、ここでしか味わえない味覚の数々をつくり、満足させてくれます。

湯本富士屋ホテルには、ブティックやカラオケに屋外プール、宴会や会議、ウェディングなどもあり、施設も充実してますし、口コミでも評判で、スタッフの接客も良いですね。ただ、途中に宴会場・居酒屋・カラオケルーム・パン屋さん・ゲームコーナー・2Fロビーを通らないと温泉にたどりつかないなど不満なところもありますが、快適に過ごすことができます。

あうら 橘

あうら 橘(旅館 橘)は、箱根湯本温泉で口コミでも評判の温泉旅館で、高層客室のある別館を全室半露天風呂の広々とした洋室・和洋室にしています。別館屋上には要望の多かった貸切露天風呂を新設しており、本館にはテラスレストランを新設しており、陽だまりの中、箱根の自然を感じながらゆっくりくつろぐことができます。

あうら 橘の風の舘には、屋上テラスがあり、貸切露天風呂となっており、風の舘の客室は、端正なアウターリビングでゆったり感があり、露天風呂からは眺望も素晴らしく、ゆっくりすごすことができます。和洋室は伝統の和とモダンが融合した客室で、デラックスツインやツインは、専用の露天風呂と贅沢なバスルームを用意してあります。あうら 橘は、森の舘もあり、和室では、伝統が息づくゆとりの広さの和室があり、広い緑からは、箱根旧街道を眺めることができますね。

あうら 橘のお風呂は、大好評の風呂自慢の宿の箱根湯本温泉があり、夏場は露天風呂と内風呂に仕切りのない開放的な大浴場になっており、冬期は大浴場に床暖房が入る高規格大浴場となっていて、露天風呂や内風呂は、夜中も利用でき、いつでも温泉を楽しむことができ口コミでも評判です。大浴場は、男性と女性で分かれており、希少な高野槙の露天風呂、内風呂にはサウナ・ジャグジー・ 打たせ湯を完備しており、女性大浴場では、個室感覚のパウダールームもありますね。さらに、貸し切りの露天風呂の「あ・う・らの湯」もあり、3つの貸切露天風呂「あの湯」「うの湯」「らの湯」では、箱根の風と景色を楽しめ、非日常を味わうことができます。

料理は、風の舘や森の舘で楽しめ、創作料理など楽しめますね。
また、テラスやロビーに宴会場などもあり、便利に利用することができますね。

結いの宿 彌榮館

結いの宿 彌榮館は箱根湯本温泉にあり、箱根湯本駅から歩いてすぐ徒歩5分の川のほとりにあり、旅の疲れを癒す温泉と懐かしさの残る寛ぎの客室、そして季節のお料理が楽しめます。彌榮館は、新しくグランドオープンをして、新設の無料貸切風呂や予約制の無料貸切露天、男女別大浴場などお風呂の種類も豊富で、露天風呂付特別室や専用風呂付客室も新設されており、箱根湯本温泉の彌榮館は、口コミでも評判で、部屋が綺麗で料理もおいしく、貸しきり露天も人気があり好評です。

彌榮館の部屋、客室は、ゆとりの間取りを贅沢に使うことができる新改装のお部屋と昔ながらの趣を残したお部屋が用意されています。

彌榮館のお風呂は、芯まで温まる箱根の源泉の湯を楽しめ、神経痛や筋肉痛、五十肩などに効果・効能があり、大浴場から貸しきり露天風呂まで楽しめます。貸切家族風呂は、広いお風呂で家族一緒に温泉を楽しむことができますし、貸切露天風呂は、陶器の浴槽に浸かりながら、坪庭を見ることができます。大浴場では、広々とした大きな浴槽でゆったりと寛ぐことができます。

彌榮館の料理は、旬の素材をふんだんに浸かった季節の料理を楽しめ、朝・夕食ともにお部屋食で、味・品数・量と、満足することができますね。

結いの宿 彌榮館はリニューアルしてオープンしてから、部屋など綺麗なものもあり、クチコミの評価も良いですし、趣のある部屋と新しい部屋と好みに合わせて泊まりたいですね。

吉池旅館

吉池旅館は、箱根湯本温泉の旅館で、じゃらんなどの口コミでも評判の旅館となっていて、JTBなどでも箱根湯元温泉で予約ができ、日帰り温泉で入浴としても人気が高いですね。箱根湯元温泉の吉池温泉では、旧岩崎邸一万坪の庭園と豊富な湯量を持つ掛け流し温泉旅館で、旅館の中には大自然のある回遊式庭園と一切循環加熱をしていない掛け流し100%天然温泉があり、箱根湯本温泉へ徒歩7分でいけます。
口コミでも、接客やサービス、食事にも満足される方も多く、建物は少し古いですが、それも味があり、箱根温泉の質と庭園に感動しますね。

吉池旅館の部屋は、1万坪の庭園を取り囲む三棟の宿泊棟(本館・池の棟・山荘)のほとんどの客室が(約7割)庭園向きとなっていて、窓から綺麗な庭園を長柄mながら穏やかに宿泊ができまあす。特に希望があれば、予約の時に庭側の部屋と予約係に言えばいいですね。また、吉池温泉では、全客室のお風呂で温泉給湯可能で、専用露天風呂付 特別室「千両」、専用露天風呂付 特別室「桃季」、専用露天風呂付 特別室「木犀」、専用露天風呂付 特別室「合歓」など、お部屋でプライベートな温泉浴を楽しめます。
クチコミの評判では、男性露天風呂が離れていて、大浴場から浴衣を着て行かなければならないのが、残念ということがあります。しかし、それを考えても、吉池温泉の温泉やお風呂は満足度が高いですね。

吉池温泉では、お部屋でも温泉を楽しめますが、趣向を凝らした大浴場、庭園の佇いの露天風呂、くつろぎの家族風呂もあり、すべて100%自家源泉で、箱根湯本温泉を満喫できます。木の香の「貸切家族風呂」、殿方庭園露天風呂、御婦人露天風呂、殿方大浴場、御婦人専用総ひのき風呂、殿方洞窟風呂、御婦人大浴場と種類も色々とありますし、それぞれ入ってみると面白いですね。

吉池温泉では、お食事はステーキハウス吉池が1階にあり、宿泊客やそれ以外からも人気のお店となっています。さらに、相模湾の新鮮な魚介類と足柄の山の幸を楽しめ、四季膳、菊膳、桐膳それぞれに地元の食材をふんだんに取り入れた会席風和食膳もよいですね。食事の味は勿論、量も食べきれないほどあり、満足できます。

ホテルおくゆもと

箱根湯本温泉のホテルおくゆもとは、部屋は最上階9階に専用小庭園露天風呂付客室「四季亭」が人気で、離れのような雰囲気があり満足して宿泊できますね。他にも、7階に人気の和モダンタイプ客室「すくも亭」、6階には和洋室、2〜5階には和室と多種多様な清潔感がある部屋が容姿されており、予算に応じて泊まることができます。内風呂付の部屋、露天風呂付の部屋などもあり、お風呂は箱根湯本温泉を使用しており、部屋の風呂でプライベートな入浴を楽しめます。ホテルおくゆもとの口コミでも、隅々まで清潔なホテルと評判で、夕食、朝食も大変においしく大満足でき、自然の中で素晴らしいそうです。お客へのサービスでも気を配られていて、よいですね。

ホテルおくゆもとのお風呂は、部屋以外でも大浴場・露天風呂は男女別にあり、大浴場から出入りできる須雲川沿いの露天風呂は、男性「滝観の湯」岩風呂と檜桶風呂の2種類ありますし、女性用では、「ふじの湯」があり、岩風呂と檜桶風呂、陶器風呂の3種類があり、湯坂山と須雲川の四季折々の自然美を楽しみながらゆっくりと温泉を楽しめます。ホテルおくゆもとでは、その他の施設も充実していて、リラクゼーションでは、東京自由が丘アンピールのスタッフが施術いてくれるエステサロン「撫子庵」リラクゼーションサロン「癒し処」もあり女性の宿泊客に人気がありますね。事前の予約が必要な場合もありますので、注意しましょう。屋外プールもあり、滝の目の前にありマイナスイオンたっぷりです。

さらに、食事は、四季折々の旬の素材を生かした和食会席料理を部屋で楽しめます。
料理も選択肢が多く、食べ放題もあり、種類が多くてて大満足で、内容、味ともバイキングと思えないほどの内容となっていて食べきれないほどとなっていて、満足できるでしょう。

ホテルおくゆもとは、箱根湯本温泉でも人気があり、クチコミでも評判が高く、従業員の接客態度も素晴らしいですし、値段の割りに良く、リーズナブルでサービスも良いので人気があるのは納得です。

箱根湯本温泉に旅行

箱根湯本温泉(はこねゆもとおんせん)は、東京から1時間半と車でも電車でもアクセスが便利で日帰り温泉施設も一杯ある温泉地です。
箱根湯本駅に並ぶ土産処では、箱根土産を選ぶこともでき、観光客も多いですね。
早川と須雲川の2つの川沿いの温泉街では、老舗旅館や純和風旅館、大リゾートホテルなどもあり、趣の違う度を楽しむことができます。
寛永2年(1625年)に創業した老舗旅館萬翠楼福住は、国の重要文化財(国指定有形文化財建造物)に稼動中の旅館としてはじめて指定されました。

箱根湯本温泉は、箱根の玄関口として賑わいを見せる温泉地で奈良時代に開湯した歴史ある古湯です。
箱根湯本温泉の温泉街は、箱根登山鉄道箱根湯本駅から早川とその支流須雲川に沿って広がっており、温泉の歴史は古く、箱根七湯の一つとなっています。
箱根湯本駅から箱根山方向を見ると、山頂に向って大きな象の背中のようにどっしりとした尾根が続いている湯坂山があり、湯坂山という名は「温泉の出る急坂の山」という意味だそうです。

江戸時代には、湯治場として、また宿場町としても栄ており、早川にかかる旭橋の近くには、戦国時代の武将・北条早雲が、戦いで疲れた足を癒したと伝わっている湯和泉が残っています。
箱根湯本温泉は、北條氏綱をはじめ小田原北條の武将たちは早雲寺に参詣するたびに温泉に浴したといわれ、「北條氏の足洗いの湯」とも呼ばれています。
温泉街から須雲川に沿って箱根旧街道を進んだ山間の地区は奥湯本温泉と呼ばれています。
「水力発電の碑」もあり、全国で2番目の商業用の水力発電所となっています。
さらに、須雲川に沿って温泉街へともう少し足を伸ばしてみると、通称「滝通り」と呼ばれるほど、大小さまざまな滝も見ることができます。

箱根旧街道沿いにある正眼寺は、鎌倉時代に地蔵信仰で生まれ、毎年「正眼寺地蔵尊縁日」として、9月21日に一般公開されています。

箱根湯本駅の裏手の岩壁には、鎌倉時代後期に彫られたといわれる白石地蔵もありますね。

箱根湯本温泉は、神奈川県足柄下郡箱根町にあり、アクセスは、箱根登山鉄道箱根湯本駅を下車するとあります。
車でのアクセスは、東名高速道路で厚木ICから小田原厚木道路、国道1号線経由で35kmにあります。


泉質 アルカリ性単純温泉、ナトリウム・塩化物泉、ナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸塩泉など
効果・効能 神経痛、関節痛、冷え性、美肌、皮ふ病、般的適応症、慢性皮膚病、慢性婦人病など
源泉数 74
泉温 23〜77℃
湯量 4679リットル/分
飲用 不可