スポンサードリンク

太閤湯

宮ノ下温泉の太閤湯は、箱根の日帰り温泉の共同浴場で、富士屋ホテルの近くにあり建物は2階建ての普通の民家小さな看板で注意してみてないと見逃しますが、安い料金ですし、地元の共同組合で運営されているので、この質素な雰囲気も感じが良いですし、ぐるなびなど口コミでも評判ですね。

箱根の太閤湯は、地元の方で管理されている共同浴場ですが、建物は古いですが施設内は清掃もいき届いて清潔なので安心して入れます。宮ノ下温泉の太閤湯のお風呂は、宮の下地区の浴場ですが、お湯は底倉温泉からの引き湯となっており、源泉掛け流しの温泉で浴室は男女2ヶ所づつあり、2階には有料の休憩室がありテーブルは一つしかなく、その上にはお茶の用意があります。奥にちょっと広めの浴室があり、タイル張りの6〜7人入れる湯船で、箱根の山々を望みながら湯に浸ることができ、お湯は無色透明で熱い湯で、湯上りは汗が出て気持ちいいですね。源泉温度が80℃以上あるので源泉そのものに入るのは無理なので、湯温はその日の気分で源泉と真水で調節しましょう。

なにげない銭湯のようですが温泉のお湯は素晴らしく、しかも入浴料300円、入浴休憩800円でリーズナブルで、地元用の温泉となっていますが、観光客も利用しており、見かけによらず値段以上に満足でき、満足度が高い立派な共同浴場の日帰り温泉ですね。
一般の観光客はあまり訪れないようで、休日に行ってもひっそりしており、静けさに浸りながら湯に入れることが魅力で、時を忘れてゆっくり入れますね。豪華とは言えない温泉ですが、本物の温泉にゆっくり入りたい時におすすめで、クチコミでも評価されています。

武蔵野本館 箱根吟遊

武蔵野本館 箱根吟遊は、宮ノ下温泉で全客室にテラスと露天風呂そしてダイニングを設け綺麗でおしゃれですし、箱根連山や早川渓谷の絶景を眺めながら共にゆっくりお楽しむことができ、じゃらんや楽天など口コミでも評判で、箱根吟遊は料金は30000円程度で、一休や近畿日本ツーリスト、JTBで予約でき部屋の空室を確認してみましょう。武蔵野本館 箱根吟遊は絶景のロケーションで、民家の見えない箱根連山は、四季折々に様相を変えるが、それ自体が「箱根吟遊」の庭園のひとつに見えてしまうほどで、5Fがフロント、4Fから1Fが客室のフロアとなっており、このロケーションならではですね。

武蔵野本館 箱根吟遊の部屋の客室は、全20室で個性豊かな客室露天風呂配しており、源泉掛け流しの温泉で、広々としたオープンテラスに大きめの湯舟が置かれていて、滞在中いつでも好きな時に好きなだけ温泉に入れるのがうれしく気持ちよいですね。客室露天風呂の湯舟は2人で入るには充分すぎる広さとなっているのも嬉しく、内湯も閉鎖的な印象はなく、露天風呂に隣接する湯舟は透明なアクリルの壁で囲っているだけなので、冬の寒い時期にはこの内風呂は重宝し景色と共に楽しめますね。しかも、部屋から露天風呂・内風呂までは壁がなく、開放感に溢れているので、箱根の緑や空などの絶景、そして澄んだ空気など湯に浸かりながら感じることができます。部屋のタイプは、和室・和洋室・メゾネット・スイートとあり、寝室とは別にリビングルームがあり、部屋は十分な広さですし、リビングの外にはテラスに露天風呂があり素晴らしい景気とともに楽しめますね。

武蔵野本館 箱根吟遊のお風呂は、宮ノ下温泉で、客室露天風呂が素晴らしいですが、他にも大浴場が3箇所あり、湯処「月代」と湯処「月音」、離れの湯処「松風」とあり、屋内と露天の2つの湯を楽しむことができます。最上階の5階にある湯処「月代」と湯処「月音」の2ヶ所の湯とも半露天のような造りになっており、最上階のため景色も素晴らしいですね。

武蔵野本館 箱根吟遊の料理は、朝食も夕食も素晴らしくすべて部屋食ですが、メインの夕食は、全国から良質の素材を集めながらも、相模湾でとれる海の幸や周辺の山の幸をバランスよくラインナップしたメニューとなっています。夕食は和食の懐石ですが、フレンチとアジアの要素を取り入れた会席料理で、西洋料理のメニューも取り入れたユニークなもので煮物・焼物・食事・デザートは複数の献立から料理を選択でき好きな料理を選んだりでき嬉しいですね。

箱根吟遊のスタッフは若い年齢の方が多いですが、驚くほど接客が上品で、しかも余裕を感じるほどで、全国の旅館の跡取りが修行のためにと、スタッフとしてこの宿にお世話になっているとか。ほとんどの女性の宿泊客が申し込むという、直営の本格的エステサロン直営エステサロン「Ginyu-Spa」も、この宿の魅力ですね。

武蔵野別館

四季の湯座敷 武蔵野別館は箱根の宮ノ下温泉で、箱根宮ノ下温泉 箱根吟遊の別館で、絣の浴衣、畳の廊下に白足袋で、全て畳敷きの館内では足袋のご用意や、湯上がりの薬膳冷茶のサービスが好評で、蛇骨渓谷に佇む喧騒を離れた大人の「隠れ宿」で湯殿「四季の湯座敷」では、数々の湯舟で効能豊かな溢れる源泉を心ゆくまで堪能でき、じゃらんや一休、ブログなど口コミでも評判でJTBなどでプランもあり予約できます。武蔵野別館では、石庭付きの30坪の特別室も好評でありますし、宮の下温泉からの湯上りのサービスも評判で、待合・静酒処「宵月亭」は和風モダンのお洒落な趣きで、落ちついた雰囲気の中で、冷たい飲み物や支那そばも楽しめます。

四季の湯座敷 武蔵野別館の客室の部屋は、源泉掛け流しの客室専用風呂があり、露草や山紫、翁草といった部屋があります。総檜の露天風呂や数寄屋造りの和室などあり、伝統的な和風旅館を継承しつつ綺麗な温泉ですね。

四季の湯座敷 武蔵野別館の宮ノ下温泉のお風呂があり、客室の露天風呂以外にも様々なお風呂があり、箱根外輪山が一望の高台、蛇骨渓谷の湯殿「四季の湯座敷」から四季を通じて、春の新緑や夏の風、秋の紅葉、冬の雪渓と表情豊かな箱根を楽しめてクチコミでも評価されています。四季の湯座敷 武蔵野別館は、雛の湯、蛇骨の湯、端午の湯、山の湯、隠れ湯 薫風、梢の湯、水琴窟などの温泉のお風呂があり、貸切温泉もあり、全て天然温泉が供給され湯量豊富で効能豊かな温泉を一晩中楽しめて人気です。露天風呂のあるお部屋が多い為か、ほぼ貸切状態になっており、お湯加減もよかったです。

四季の湯座敷 武蔵野別館の料理は、新鮮な相模湾の海の幸や、箱根・伊豆の山の幸の懐石料理を楽しめ、朝食や夕食は共に部屋でゆっくり食事ができ、温かい料理や冷たい料理と一品ごとに運んでくれるので、一つずつ味わえます。本格懐石料理は、旬の素材を厳選して食べれて、名物「活きあわびの踊り焼き」、「伊勢海老の陶板焼き」「湯の花豆腐」は絶品です。料理はおいしく、目でも楽しめるもので、器や飾り包丁など味も量も飾りも満足ですね。

館内の雰囲気は大変よく、仲居さんたちのきめの細かなもてなしに接客にも満足で、スパやマッサージなどもあり嬉しいです。

楽遊壽林 自然館

楽遊壽林 自然館は、宮ノ下温泉の箱根の日帰り温泉で、天然温泉を内風呂や露天風呂で楽しめ、源泉掛け流しの貸切露天風呂もあり、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判ですね。気分もスッキリ・体はポカポカでき、肌はスベスベになりとても温まる温泉で、露天風呂の周りは緑が多く静かでゆっくり・のんびりするのに最適です。お食事も味わうことができますし、湯上りに楽しめ、有料・無料の休憩所で温泉に使った後ゆっくりした時間を過ごせます。

楽遊壽林 自然館の日帰り温泉の天然温泉は、宮ノ下温泉で、檜の香が心地よい三段の檜風呂があり、木々に囲まれ、温泉に浸りながら、身も心もリフレッシュできますし、運がよいとムササビが飛ぶ姿を見ることができ、太閤湯で知られる蛇骨川寄りの箱根でも数少ない自家源泉の温泉で人気があります。貸切露天風呂もあり、宮下で源泉かけ流しの貸し切りで温泉が楽しめ、「縄文遊悠の湯」は、明星ヶ岳が目の前にあり、四季折々の景観を眺めながら温泉を楽しめます。さらに、岩風呂の「林間の湯」は、木々の中で家族やカップルで一緒に入るのに最適でクチコミで評価が高いですね。

楽遊壽林 自然館は、お食事もできますが、春は山菜料理、秋はきのこ料理など四季折々の料理をはじめとして、名物の金時餅料理と石臼挽きそばもあり、箱根のきれいな水を活かした手作り豆腐など様々な料理が楽しめます。湯上りサービスの野草茶や平日サービスで温泉ゆで玉子など嬉しいですね。

楽遊壽林 自然館の休憩処では、温泉に浸かった後、緑に囲まれた部屋で四季のにおいを感じながら、ゆったりとした時間を過ごすことができ、無料の大広間や有料の「椿の間」「山桜の間」があります。無料の大広間では、パノラマの景色が楽しめ、春は若緑、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の風情を感じることができますね。有料の「椿の間」「山桜の間」は、8畳の和室で山の景色でくつろげ、家族やカップル、友人でゆっくりでき、食事も運んでくれて嬉しいですね。

富士屋ホテル

箱根宮ノ下 富士屋ホテルは、宮ノ下温泉で、創業明治11年のクラシックホテルで箱根の山々に囲まれた静かな佇まいの中、日本の美を象徴する社寺造りの外観と西洋の雰囲気が漂う館内で、花御殿、本館、西洋館は登録有形文化財に登録され、ロビー、レストランやランチでカレーなどでも楽しめ、温泉の太閤湯もあり、日本を代表するリゾートホテルとして、多くの国賓や海外のお客様に愛され、ランチやカレーなどもおいしく人気で、富士屋ホテルでしか味わえないゆっくりとした時の流れを感じることができ、レトロな感じが落ち着くホテルで、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判です。箱根宮ノ下 富士屋ホテルは、富士屋ホテルチェーンで東京の八重洲や山梨の甲府のフルーツパーク、馬門温泉(まかど温泉)に木更津、仙石などにもあり、ホームページもありますしサービスが良い人気があるホテルですね。建物は130年の歴史があり古いですが、接客やスタッフの対応も素早く丁寧で、一流ホテルといった感じですね。

箱根宮ノ下 富士屋ホテルの客室の部屋は、宮の下で、本館、西洋館、花御殿、フォレストロッジ、別館 菊華荘にあり、広大なホテル敷地内に点在する独自の個性が魅力的でそれぞれで楽しむことができます。箱根宮ノ下 富士屋ホテルの本館には、歴史が感じられる、ゆったりとした空間がありますし、西洋館は高い天井と柔らかな照明など明治の空気を感じることができ、花御殿は、荘厳な雰囲気をもつ特別室や素敵なインテリアのある部屋、フォレストロッジは、富士屋ホテル全景を見渡すことのできるお部屋、別館 菊華荘は、客室は3室のみで良質の温泉と季節の日本料理をごゆっくりご堪能でき、それぞれで別の雰囲気があり楽しめ、評価が高いです。また、全客室で源泉掛け流しの温泉が引かれているのも嬉しいですね。

箱根宮ノ下 富士屋ホテルは宮ノ下温泉にあり、「BIGLOBE みんなで選ぶ温泉大賞2009」で総合部門第二位になったり、観光経済新聞主催の旅行会社社員などの“旅行のプロ”による温泉地の旅館・ホテルの人気投票により選出される「人気温泉旅館ホテル250選」、「アクティブじゃらん 1月号」の“箱根のおでかけランキング”にて、富士屋ホテルが第8位に選ばれたりと、質も人気も良いことが証明され、口コミでも評判ですね。箱根宮ノ下 富士屋ホテルは、全客室のお風呂にかけ流しの温泉が引かれり、滞在中は客室内で温泉浴を楽しめます。さらに、小さいですが、かけ流しの温泉浴場「不老泉 太閤湯」や「菊華荘 檜風呂」屋内温泉プール、貸切風呂もありますし、それぞれで楽しめますね。

箱根宮ノ下 富士屋ホテルの料理は、カレーが有名で、富士屋ホテルが誇る伝統のカレーライスがあり、カレーフェアなどもやっていてヘルシーなサラダやデザートと一緒に堪能できますね。また、創業以来の伝統あるフランス料理フルコースを、昭和5年建築のメインダイニングルーム「ザ・フジヤ」のきらびやかなメインダイニングで食べることができ人気ですし、ティーラウンジのアメリカンブレックファーストやふわふわのオムレツも好評で、「フレンチトーストオーキッド風」は、外はサクサク、中はしっとりで絶品ですね。他にも、日本料理 菊華荘や洋食レストラン ウイステリア、ベーカリーショップ ピコットなどもあり、箱根の風景と富士屋ホテルの庭を見ながら食事ができます。

また、箱根宮ノ下 富士屋ホテルでは、宮ノ下温泉の室内温泉プールを使いたい放題で、リフレクソロジー&エステで日ごろの疲れをリフレッシュもできます。箱根宮ノ下 富士屋ホテルは庭も綺麗で、6月・7月はホテル自慢の庭園で紫陽花が見ごろで素晴らしい風景ですね。

宮ノ下温泉へ旅行は?

宮ノ下温泉は、国際リゾート地として人気があり、箱根温泉を代表する温泉地となっています。
宮ノ下温泉は、国道1号沿いに宿やショップが立ち並んでおり、大きく発展し始めたのは幕末から明治にかけて発展しており、馬や椅子形の駕籠に乗って、横浜から箱根へ外国人が多く訪れ、リゾート地として発展しました。
宮ノ下温泉には、ロープウェイやケーブルで行く個性的な宿が揃っていて、国道1号と138号の分岐する付近に涌く温泉になっています。
江戸時代は江戸の豪商の湯治場として栄えており、明治時代には、外交人のためのリゾートして賑わいました。

外国人専用ホテルとして、宮ノ下温泉では、明治には、富士屋ホテルが開業しており、現在でも当時の面影を残しており、宮ノ下温泉だけでなく、箱根温泉郷のシンボル的存在となっています。
富士屋ホテル前の国道1号沿いはセピア通りと呼ばれており、現在でも、写真館やみやげもの店の看板の文字に当時のハイカラな時代がしのばれます。
今でも多くの観光客が訪れる温泉地で、レトロな雰囲気が楽しめて、写真館や骨董品店を覗いてみるのも面白いです。
お土産にピッコロのパンが人気となっています。

宮ノ下温泉の宮ノ下の名前は、熊野神社の下に開けた温泉だからとも言われています。
熊野神社は、国道1号線沿いにある嶋写真館の角を曲がった小道の奥にあります。
熊野神社の鳥居の左下には、「王堂文庫跡地」がありますね。 宮ノ下温泉には、にはもう一つの宮「箱根神社」があり、宮の下という名の由来はここにもあるようです。

宮ノ下温泉では、神奈川県足柄下郡箱根町にあり、箱根登山鉄道宮ノ下駅下車で行くことができます。

車では、東名高速道路で、厚木ICから小田原厚木道路、国道1号経由41kmで行くことができます。

泉質 単純温泉・アルカリ性単純温泉、ナトリウム塩化物泉・弱食塩泉
効果・効能 婦人病、皮ふ病、神経痛、一般的適応症、慢性婦人病、高血圧症など
源泉数 21
泉温 24〜96℃
湯量 1999リットル/分
飲用 不可