スポンサードリンク

旅館 奥の湯

旅館 奥の湯は、黒川温泉で、中心街から少し離れた小川のせせらぎが聞こえる黒川でも川上の静かな場所にたたずむ寛ぎ宿で、大浴場、露天風呂、桧風呂、など24時間利用可能で、1年中泳げる温水プールや本格的なエステに岩盤浴、9種類の温泉などあり、客室のタイプも豊富で多彩となっており、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミやブログの感想でも評判ですね。

旅館 奥の湯の客室の部屋は、和室や和洋室などあり、格調ある雰囲気で川のせせらぎや山の自然などの風景で、気持ちまで浄化されるような、贅沢な時間を過ごすことができる部屋となっており、優美な印象の二間続きの和洋室では、落ち着きのあるベッドルームと風雅なエア質で和モダン風の趣のある部屋となっていますね。さらに、奥の湯は露天風呂付客室もあり、贅沢な湯を満喫でき、離れの和室では、プライベート感がたっぷりで、涼やかな空間で日常を忘れて心身ともに癒され、どの部屋でも、一人から家族までゆったり過ごせる広さの部屋が用意されており、感想や口コミでも評判です。

旅館 奥の湯の黒川温泉のお風呂は、大浴場やサウナ、露天風呂に貸切風呂や貸切露天風呂、茅葺屋根の混浴露天風呂や川風呂、女性専用露天風呂や貸し切り家族風呂、お部屋専用の露天など10種類の多彩なお風呂があり、日頃の疲れを流しながら、館内で湯めぐりを楽しめますね。奥の湯の混浴露天風呂では、萱葺(かやぶき)の屋根が見える情緒ある露天風呂ですし、家族風呂などをご用意してますし、すべて源泉かけ流しの、天然の湯となっており、温水プールもあり、子供と一緒に入れますし、岩盤浴では、汗も疲れも流してリフレッシュすることができます。

旅館 奥の湯の料理は、女将自ら吟味した季節の会席料理の手作りの味を堪能することができ、女将の手作り料理に合わせて、新鮮な地野菜、女将自らが山へ足を運び採ってきたわらび等、旬の食材をふんだんに使用した地元の食材をふんだんに盛り込んだ季節の和の会席料理があり、甘い野菜、新鮮で味に深みがある魚介類、肉類など旬の素材をそのままに活かして、決して派手で豪華ではなくとも、どこか懐かしいおいしい味を堪能でき、四季ごと、日ごとに変化する味わいを楽しめます。女将が丁寧に漬け込んだ自家製の梅干、その日にとれた新鮮な地元の野菜をふんだんに使用したがめ煮、熊本名物の馬刺しなど様々な味を楽しめて、クチコミでも評判ですね。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30751830

お店に岩盤浴ベッドはいかが?
Excerpt: 今高いデトックス効果で話題の岩盤浴ですが、オーナー様に是非お勧めなのが岩盤浴ベッドです。そのメリットをいくつかご紹介しましょう。まず岩盤浴ベッドは設置工事費が0円で済むので導入コストを非常に安く抑える..
Weblog: 岩盤浴(ストーンスパ)でダイエットのススメ
Tracked: 2010-10-11 21:38