スポンサードリンク

セントレジャー城島高原ホテル

セントレジャー城島高原ホテル(旧 城島後楽園ホテル)は、阿蘇くじゅう国立公園の別府市と湯布院のちょうど中間に位置する湯布岳、鶴見岳の南麓に広がるなだらかな高原地帯の城島高原にあり、湯布院や別府へも車で約20分前後と大変近く観光拠点としても便利で、伸びやかな景色を四季を通じて楽しむことができ、周辺には遊園地城島高原パーク・ゴルフ場などのレジャー施設が隣接していて温泉も完備していて、城島温泉の露天風呂はリニューアルもしていて綺麗ですし、日帰り入浴温泉もあり、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判で温泉、グルメなど四季折々の風情が楽しめますね。ホール、宴会場も完備されており、会議、パーティー、ブライダル、結婚披露宴などに利用もできますね。

セントレジャー城島高原ホテル(旧 城島後楽園ホテル)の客室の部屋は、和室や和洋室に洋室があり、和室はゆっくりと畳の上でくつろげて、和洋室はセパレートで楽しめますし、洋室はベッドでゆったりでき、趣の異なるタイプの部屋があり、目的や好みで選べますし、どの部屋も景色もよく広々とした客室なのでファミリーや友達、カップルでくつろぐことができますね。

セントレジャー城島高原ホテル(旧 城島後楽園ホテル)の別府温泉の城島温泉のお風呂は、檜造りの和風風呂<雅楽>と大理石造りの洋風風呂<円舞曲>の2つの浴室の大浴場やサウナ、露天風呂に貸切露天風呂、水風呂、ジャグジー、打たせ湯、全身ボディーシャワーなどあり、立ち寄り湯の日帰り入浴もでき、大地の湯・露天風呂はリニューアルしており、城島温泉大地の湯で、200年前の雨水がゆっくりとその時を経て、美しい温泉となったもので、阿蘇くじゅう国立公園の雄大な自然の中、別府温泉や湯布院温泉とは違った奥別府の良さを感じることができ、200年の時の流れを感じながらゆったりとくつろげて、日常の疲れを癒してくれクチコミでも評価されてます。日帰り入浴もあり、クーポン券で安くで入れますし、湯めぐりもできますね。

セントレジャー城島高原ホテル(旧 城島後楽園ホテル)の料理は、ディナーバイキングが人気で、旬の食材を織り交ぜて豊後の食材を盛込んだ豊かな味わいの和洋中全50種もあり、豊後産の素材をふんだんに使った旬に彩られた料理の数々で、おいしい食事ができ、量も味も大満足です。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30362029