スポンサードリンク

鬼怒川金谷ホテル

鬼怒川金谷ホテルは、鬼怒川温泉で、鬼怒川の渓流沿いに建ち、随所から美しい景色を眺めることができ、2005年10月に「日本旅館のファーストクラスで最高の贅沢を」をテーマにリニューアルしており、樹齢二千年の総古代檜風呂や贅を尽くした旬の懐石料理、伝統ある格式に貫かれた部屋などあり、大人のための上質なやすらぎに溢れてホテルで、美術品が彩られた館内は、格調高くも落ち着いた造りで日本旅館の情緒のあるくつろぎと、ホテルの快適性を兼ね備えた宿となっており、クラブフロアからは、絶景を独占する贅沢な空間で、真心こもったおもてなしがあり、じゃらんや楽天、ぐるなびなど口コミでも評判の旅館・ホテルとなっていて、上質なくつろぎの時を過ごせるバーやエステティックサロンなど心も体も満たされますね。レストランでは、ランチもあり、カレーやハンバーグは人気があり、ベーカリーでは、パンやクッキー、チーズケーキもありおいしいということで、口コミでも人気があり楽しみたいですね。

鬼怒川金谷ホテルの客室の部屋は、和室や和洋室、露天風呂付き客室とあり、どの部屋も20坪という贅沢な造りの客室で、日常から解き放たれたやすらぎの時間を過ごすことができ、選び抜かれた調度品、隅々にまで心が行き届いた心地よい空間となっており様々なニーズに応える部屋がありますね。鬼怒川金谷ホテルの客室の部屋の和室は、20坪の間取りに畳と6畳に次の間が付いており、落ち着いた雰囲気の中でもゆったりくつろげて、和洋室も20坪で使い勝手のよい洋室ではツインベッドが付いており、ゆったりくつろげ、露天風呂付き客室では広々とした間取りはそのままに、贅沢に2種類の露天風呂という客室の部屋で、檜の香り漂う檜露天と、高級感ある御影石の露天の2タイプのお風呂があり、鬼怒川の四季の風情を専用露天風呂に浸かりながら楽しめます。さらに、クラブフロア「Kanaya-view 温泉付特別室(G)」では、部屋からは鬼怒川の景色を一望でき最高の気分で宿泊できますね。

鬼怒川金谷ホテルの鬼怒川温泉のお風呂は、贅を尽くしたという言葉がふさわしい3種類のお風呂があり、落ち着いた庭園が心も和ませる総古代檜風呂では、樹齢二千年という檜を使用しており、血行を促進して疲労回復、美容にも効果を発揮し、湯船だけでなく壁もすべて檜造りで、高級感ある白い大理石のお風呂は、壁面・湯船すべてが大理石製の贅沢なお風呂となっており、鬼怒川の清流と鶏頂山を望む眺望絶景が楽しめ、ワンランク上の湯浴みを楽しめます。さらに、展望露天風呂もあり、眼下に鬼怒川の清流を望むことができる露天風呂で、自然を肌で感じることができ鬼怒川渓谷や遠く日光連山など美しい山々や季節ごとに表情を変える鬼怒川を眺めながらゆったり温泉を楽しめます。脱衣所などはクリーニング仕立のバスタオルなど行き届いたサービスもあり嬉しいところです。

鬼怒川金谷ホテルの料理は、月替わりの献立で旬を味わえる金谷風懐石料理があり、細部にまでこだわる素材と技 旬の味を楽しむことができ、野菜や魚はもっとも美味しい旬を選別しており、これを目当てに毎月連泊する人もいるほどです。
地元名産の那須和牛はまろやかで爽やかな味わいを持っており、お米や調味料に至るまで、素材に徹底的にこだわった料理の数々で、旬の素材を繊細に仕上げた懐石料理を部屋やダイニングで食べることができ、朝食も湯食と間違えるほどのボリュームで希望があれば洋食も用意されていますので安心です。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30236913