スポンサードリンク

旅館 白雲荘

旅館 白雲荘(はくうんそう)は、大分県の湯平温泉のシンボルともいえる石畳の中ほどに位置する「白雲荘」は、アットホームな宿として人気で、料理は海の幸や山の幸を活かした懐石料理がおいしいですし、お風呂は貸切露天風呂などあり、客室の部屋は綺麗で眺めもよくじゃらんや楽天など口コミでも評判です。湯平温泉街にはゆっくりとした時間が流れていますし、落ち着いたゆったりできる雰囲気で、湯治にも良く、心地よく温泉を楽しむことができます。

旅館 白雲荘の客室の部屋は、繊細なムードが漂う2間続きの客室に、丸い飾り窓や、古い竹を配した天井などがあり、女性にも好まれる繊細なつくりで、女性に人気がある旅館というのも納得です。また、窓の外には、花合野川の清らかな流れを眺めることができる部屋や、温泉街の石畳の坂道を眺めることができる部屋があり、どちらでも湯平温泉の情緒を感じることができる部屋になっていて人気が高く、口コミでも評判ですね。

旅館 白雲荘の湯平温泉のお風呂は、貸切できる石造りの内湯が1つで、窓を開ければ開放感溢れる雰囲気で、花合野川のせせらぎが心地よく耳に届き、花合野川の心地よい瀬音に包み込まれながら、ゆったり手足を伸ばして湯平温泉を満喫することができ、心からリラックスできるお風呂となっていて、やわらかなお湯が特徴的な温泉に浸かれば神経痛に、飲めば胃腸に効能がある湯治もできる湯平の湯を存分に楽しめます。また、旅館 白雲荘の湯平温泉のお風呂からは、6月には窓の外にホタルの飛び交う姿も見ることができ一見の価値がありますね。無料のコーヒーサービスなんかもあり、湯上りにゆったりするのも最高の贅沢です。

旅館 白雲荘の料理は、朝食も夕食も部屋食でお部屋で食べたり、個室で食べることができ落ち着いた食事ができて好評で、夕食はバラエティ豊かな会席料理で、海や山の幸を中心とした旬の素材を使った料理が温かいまま運ばれてくるので、おいしい料理をおいしいうちに食べることができ、クチコミでも評価が高いですね。
旅館 白雲荘の料理は、豊後牛と地鶏がメインとなる夕食、茄子味噌、肥後牛2倍盛、川魚の刺身、もち豚豆乳しゃぶしゃぶなどもあり、全て手作りでボリュームたっぷりで大満足です。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29967683