スポンサードリンク

函嶺

箱根の底倉温泉の函嶺は、宮ノ下駅から歩くこと15分にあり、湯量豊富な底倉温泉に建つ温泉施設で日帰り入浴が主体で宿泊は素泊まりのみ可能で、古風な洋館で、大正末期に建てられた洋館風の病院を改装したため、レトロな雰囲気も魅力のひとつで、日帰りでは竹林に囲まれた露天風呂に入れて、館内には貸し切りの内湯や一般の浴場もあり、じゃらんや楽天、ぐるなびなどの口コミでも評判ですね。

箱根の底倉温泉の函嶺は、太閤豊臣秀吉の淀君が体を癒した源泉掛け流しの日帰り入浴温泉となっていて、緑豊かな環境の中で、渓流を見下ろす露天風呂で四季折々の風景を眺めながらゆったりしたり、入浴休憩に個室休憩などでき、昔ながらの根強いファンが多い名湯です。箱根の温泉は、観光客でごったがえす施設が多い中で底倉温泉は、比較的物静かな穴場で、ゆったりと過ごしたい人にはおすすめですね。

箱根の底倉温泉の函嶺は日帰り客は男女別の露天風呂「淀君の湯」のみの利用ですが、源泉掛け流しとなっており、湯は無色透明無味無臭で少し熱めに設定されたきれいな湯で、肌触りのなめらかなお湯でサラリとして気持ちよいお湯ですね。こじんまりした石作りのお風呂で、浴槽は3,4人入ったらきつくなる程度の大きさで、露天は屋根がついているので雨が降っても濡れてしまうということはないでしょう。そして、何よりも素晴らしいのが風呂からの眺めで、傾斜の上の方に建っているため、箱根の山々の緑を楽しめ、木々に囲まれ、春は新緑、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪景色、さらに、はるか下の谷底には川が流れるという絶好のロケーションで、五感でリラックスできます。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29732673