スポンサードリンク

そこくらの湯 つたや

そこくらの湯 つたや は、江戸期箱根七湯、底倉温泉唯一の隠れ湯宿で、日帰り入浴に力を入れてますが、宿泊施設も併設しており、底倉温泉の宮ノ下駅近くにある温泉宿で、平成19年にリニューアルされ、古民家をモチーフにモダンな雰囲気で、敷地内には自憤の蛇骨源泉が湧き、日帰り入浴風呂も可能となっており、男女別に伊豆青石の大浴場や露天風呂がりますし、無料休憩室や個室休憩室も備えており、入浴休憩では飲食物の持ち込みも可能で、宿泊は平日朝食付きであり、じゃらんや楽天、ぐうなびでも評判です。底倉温泉といえば「つたや」と言われるほどの老舗旅館であるが、日帰り入浴に力を入れており、自家源泉を循環と掛け流し併用で利用しており人気で、眼前に迫る四季折々の渓谷美と歴史ある名湯を掛け流しで堪能でき、口コミでも評判です。

そこくらの湯 つたやの底倉温泉のお風呂は、船や床が全面伊豆青石でつくられた内湯と、蛇骨渓谷のせせらぎが聞こえる野天岩風呂の露天風呂があり、野天岩風呂には敷地内の岩盤から自然に源泉がわき出ており直接注がれていて気持ちいいです。内湯は、太閤の湯という名で20人くらい入れそうで広くて明るいお風呂で、蛇骨渓谷側は全面ガラス戸で美しい風景を眺めながら温泉に入ることができますね。露天風呂は、木造の屋根の下に、岩の湯舟があり6人くらい入れそうで、やはり美しい山々を楽しめ、岩盤より自噴する『蛇骨源泉』は野天岩風呂のすぐ横から自然に湧出するお湯を楽しめ、空いてるときには、貸し切りにしてくれることもあるとか。

温泉成分の劣化がほとんどないので新鮮で柔らかな天然温泉を堪能でき、いずれもお湯は透明マイルドでほのかな香りがあり、体や肌にも優しく肌に柔らかくつるりとした感触を実感でき、泉質はナトリウム塩化物泉。湯船の湯温は41度〜42度となっているよう湯量が管理されていますし、野天岩風呂は男女それぞれ1つづつ設置されていてクチコミでも評価が高いです。

そこくらの湯 つたや(底倉温泉)には、広間休憩室もあり、出前を取ったり持ち込みも可能で、ゆったりでき、静かで、蛇骨川の渓谷のせせらぎ音と木々の緑を楽しみながらのんびりとお湯を楽しめる施設で、近くには太閤の湯もあり、入浴休憩や箱根観光の拠点として利用するのもおすすめですね。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29721695