スポンサードリンク

秀明館(しゅうめいかん)

箱根の姥子温泉の秀明館(しゅうめいかん)は、バス停の姥子から歩いて2分にあり、閑静な旅館のイメージで、貸切風呂などあり、湯治場の雰囲気がある温泉のお風呂がある日帰り温泉でじゃらんや楽天にぐるなびなど口コミでも評判ですね。箱根湯本でも有名な日帰り温泉の天山による経営となっていて、前面木造の老舗旅館の雰囲気で、風格ある佇まいをしたお宿でちょっとし高級旅館のようで、入り口には、温泉の滝がありますし、純和風の雰囲気で、期待以上です。

箱根の姥子温泉の秀明館では、神秘的な洞窟風呂があり薄暗く湯屋造りで天井も高く檜製で、裸電球の照明もまた趣があり、、以前は岩からしみでたお湯だけをそのまま利用していましたが、現在は汲み上げて熱交換器でお湯を適温にしていて、面白いお風呂となっていますね。男性用や女性用の風呂があり、女性用の洞窟風呂では、風呂の仕切りも男性同様石造りにされきれいに整備されています。姥子温泉の秀明館のお湯は非常になめらかで、やや深い湯船であるためよりいっそう体に染み渡る湯となっています。飲用も可能で、ミネラルの味と、弱いがしっかりと酸味がありますし、目にも良いそうです。箱根の姥子温泉の秀明館の貸し切り風呂もあります。

箱根の姥子温泉の秀明館では女性側だけ専用の休憩所がありますが、部屋が独立しておらず、お風呂と同じフロアなので人の出入りがあるので、ちょっと気になるかも。湯休み処もあり、畳とテーブル席があり、自動販売機もありゆっくり休むことができ、奥側のかまどがある水周りでは井戸水も引いてあるので、自炊もできそうな感じですね。

箱根のしゅうめい館では、個室休憩所もあり、5部屋だけですが、休憩室も以前の湯治棟を利用した雰囲気ある作りで箱根とは思えない静けさの中、湯に浸かった後ゆったりと個室で休むことができ、夏でも冬でも快適に過ごせて、一日ゆっくり何度でもこのお湯に入ることができます。温泉宿の頃の部屋を個室開放しており、紅葉時にはすばらしい眺めとなっております。

箱根の姥子温泉の秀明館は、隠れ湯、湯治場としての雰囲気を維持したいそうで、宣伝なし、飲食なし、原則個室利用でハードルが高いですが、一日15人ほどしかこないということでいつも静寂で穏やかな時間を過ごすことができ、おすすめですね。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29660354