スポンサードリンク

こんぴら温泉郷

こんぴら温泉郷(こんぴらおんせんきょう)は、「讃岐のこんぴらさん」とよばれ、毎年多くの参拝者が訪れる金刀比羅宮の門前町として発展してきた琴平で、平成9年に温泉が湧出し、こんぴら詣でだけでなく温泉も楽しめる場所となり、こんぴらさんに参拝して風情ある門前町をそぞろ歩くのも良いですね。 こんぴら温泉郷には、由緒ある温泉旅館が立ち並んでおり、こんぴら参りにも便利です。 こんぴら温泉郷のお湯は、ナトリウム・カルシウムの塩化物温泉で、さらりとした泉質となっており、 こんぴら温泉郷は、みやげ物店や飲食店が立ち並ぶ情緒たっぷりの1368段もの石段が続く参道が特徴で、観光客でいつも賑わっており、石段の785段目に鎮座する金刀比羅宮御本宮は有名です。 こんぴら温泉郷の周辺には、こんぴら歌舞伎で知られる日本最古の芝居小屋の旧金毘羅大芝居(金丸座)や、江戸時代の酒蔵を利用した酒の資料館、金陵の郷などもあり楽しむことができ、金刀比羅宮参拝のこんぴら参りの後にたずねて観光を楽しむのも楽しいですね。 また、うどん屋発祥の地でもあり、近郊にはユニークなうどん店が多いですし、高松市内から車で1時間くらいで行けるのでアクセスも便利です。 さらに、こんぴら温泉郷では、新源泉も湧出しており、こんぴら温泉郷は楽しめますね。 こんぴら温泉郷は、香川県仲多度郡琴平町にあり、アクセスは、JR琴平駅下車で行くことができます。 車でのアクセスは、高松道の善通寺ICから国道319号経由8kmで行けますね。
泉質 アルカリ性単純温泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉など
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病など
源泉数 4
泉温 28〜40℃
湯量 400リットル/分
飲用 不可
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29192125