スポンサードリンク

山代温泉

山代温泉(やましろおんせん)は、加賀温泉郷の中で最も規模の大きい温泉地で、温泉情緒たっぷりの老舗宿から近代的なホテルまで勢揃いで、千年以上の歴史を持つ「からすの湯」として有名です。 およそ1300年前、高僧・行基が涌き出る泉で傷を癒すカラスを見てその湧き水が温泉だったのが始まりとされており、『日本書紀』にも名が残るほどの歴史を持っていて、「からすの湯」といわれて親しまれていますね。 北大路魯山人や与謝野晶子が愛した伝統と文化の香りのする名湯で、山代温泉のお湯は、源泉64度の含石泉・食塩・芒硝泉の3つの泉質を持っています。

山代温泉は、地元の人々が憩いの場として集う「総湯」を中心に、旅館やホテルがぐるりと立ち並んでいて、最高級レベルと評価を受けており、古典的な温泉情緒を漂わせる紅殻格子の老舗旅館から近代的なホテルまで個性豊かな旅館が揃っていますね。 老舗旅館や趣のある民家が作り出す街並は温泉情緒を楽しむことができます。 また、山代温泉の周辺には、はづちを楽堂や足湯・飲泉場、薬王院温泉寺などがあり、散策など楽しんでみるのもいいですね。

山代温泉は、石川県加賀市山代温泉にあり、アクセスは、JR加賀温泉駅から加賀温泉バス山中温泉行きで11分、バス停の山代温泉東口などで下車して行くことができます。 車でのアクセスは、北陸道の加賀ICから国道8号・364号、県道151号経由7kmで行くことができます。

泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉、塩化物泉など
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、リウマチ、婦人病、皮ふ病など
源泉数 3
泉温 65℃
湯量 590リットル/分
飲用
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29184944