スポンサードリンク

宇奈月温泉

宇奈月温泉(うなづきおんせん)は、黒部峡谷を眺めて入ることがえきる黒部峡谷の玄関口にあたる富山県一の温泉郷、北陸屈指の温泉地となっています。 宇奈月温泉が温泉地としてできてきたのは大正末期頃ですが、黒部の奥地に温泉が湧いていることは江戸時代から知られておりました。 しかし、それまでは加賀藩が一帯を「御縮山」として立入りを禁じていたため、宇奈月温泉は利用できなかったのですね。 宇奈月温泉は、湯量豊富で1日に3000tという湧出量を持っており、黒部川を約7kmさかのぼった黒薙温泉を源泉とした温泉ですね。 宇奈月温泉の駅前では、60℃前後の温泉噴水が噴き上がっており、豊富な湯量を象徴していて、観光客が思わず手を入れてみたり写真をとる姿もあり人気ですね。 また、黒部峡谷沿いでは、四季折々の景観も楽しめて、黒部峡谷を眺めながら入る露天風呂は最高ですし、合わせて楽しみたいです。 他にも、宇奈月温泉の周辺では、黒部峡谷トロッコ電車で新緑や紅葉見事な山間の景色を楽しむのもいいですね。 宇奈月温泉は、富山県黒部市下新川郡宇奈月町にあり、アクセスは、富山地鉄の宇奈月温泉駅を下車で行く事ができます。 車でのアクセスは、北陸道黒部ICから県道53号・14号・13号経由12kmで行くことができますね。
泉質 アルカリ性単純温泉
効果・効能 神経痛、筋肉痛、冷え性、慢性消化器病など
源泉数 1
泉温 87.8℃
湯量 約3000t/日
飲用 不可(施設により異なる)
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29110209

ケノーベルからリンクのご案内
Excerpt: 黒部市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。
Weblog: ケノーベル エージェント
Tracked: 2009-05-14 09:48