スポンサードリンク

黒川温泉へ旅行

黒川温泉(くろかわおんせん)は、熊本県にあり、豊富で良質な湯が湧き、湯治場の雰囲気を残す温泉で、個性的な露天風呂が勢ぞろいした山あいにある温泉地で湯めぐりを満喫することができます。
黒川温泉は、毎年上位にランキングされており、年間で100万人もの観光客が訪れる人気温泉で、標高700m、筑後川の支流である田の原川沿いに、懐かしさあふれる宿・旅館も立ち並んでおり、湯治場の雰囲気を残していて楽しめます。

黒川温泉の源泉温度は、80〜100℃と高温なので露天風呂向きとなっており、各宿や旅館では、趣向を凝らした露天を備えており、宿は独立した別館も含めると全部で27軒あり、そのほとんどが徒歩圏内にあります。
黒川温泉の泉質は、含食塩芒硝硫化水素泉で、神経痛、リウマチに効果があります。

黒川温泉の湯巡りの強い味方・入場手形は、1200円で3か所の露天風呂に入ることができ、風の舎をはじめ、各旅館で販売されていて、有効期間は半年間となっており、入湯手形を片手に、黒川温泉の露天風呂をはしごするのも楽しいですね。

黒川温泉は熊本県阿蘇郡南小国町北黒川にあり、アクセスは、JR阿蘇駅から九州産交バス別府行きで50分で行くことができ、バス停の黒川温泉下車で行くことができます。
車でのアクセスは、大分道の日田ICから国道212号・442号経由45kmで行くことができます。


泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉など
効果・効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病など
源泉数 各施設に泉源あり
泉温 80〜100℃
湯量 施設によって異なる
飲用 一部可
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28390124