スポンサードリンク

堂ヶ島温泉へ旅行

堂ヶ島温泉(どうがしまおんせん)は、芦ノ湖を水源とする早川渓流にあり、秘湯ムードが漂う渓谷沿いにある箱根七湯の一つの温泉地です。
堂ヶ島温泉は、開湯が古く、後醍醐天皇や足利尊氏などが帰依した臨済宗の高僧・夢想疎石の南北朝時代からあると言われている温泉で、滝廉太郎が作曲した『箱根八里』に歌われた千仞の谷は、このあたりから木賀までの谷のことを指すと言われています。

堂ヶ島温泉では、早川の深い渓谷の中に2件の宿・旅館があり、箱根温泉の中でも最も閑静な雰囲気の温泉となっています。
崖があまりにも急なので車では温泉に近づくことはできず、宿がある早川の谷底へは、徒歩や宿専用のゴンドラ、ケーブルカーを利用して降りていき、名物となっています。
ですので、すぐ上に国道や鉄道が通っているにも関わらず、川のせせらぎ以外に余計な音はなく、静けさが保たれていて、秘境の雰囲気を味わうことができます。

堂ヶ島温泉の旅館・宿では、いずれも湯量豊富な源泉があり、大浴場や露天風呂から見える新緑や紅葉は素晴らしい絶景となっています。

堂ヶ島温泉は、雄大な自然を間近に感じながら散策できる堂ヶ島遊歩道「堂ヶ島渓谷遊歩道」があり、30分〜40分の散歩を楽しめ、新緑の頃や紅葉の季節は特に美しい風景が楽しめますね。
また、『夢想国師』閑居跡も人気がありますね。
6月頃には、ホタルやかじか、夏には川釣りなども楽しむことができます。

堂ヶ島温泉の源泉は、すべてかけ流しで、自分だけの空間でせせらぎを聞きつつ湯浴みすれば、真の秘境・秘湯の気分が満喫することができます。

堂ヶ島温泉は、神奈川県足柄下郡箱根町にあり、電車でのアクセスは、箱根登山鉄道宮ノ下駅を下車して行くことができます。 車でのアクセスは、東名高速道路の厚木ICから小田原厚木道路で国道1号線経由で41kmで行けます。


泉質 単純温泉、ナトリウム-塩化物泉など
効果・効能 冷え性、神経痛、疲労回復、高血圧症など
源泉数 9
泉温 56〜81℃
湯量 361リットル/分
飲用 不可
この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28329369